アデレード移住のメリットやデメリットを紹介

アデレード

アデレードは人口約130万人の南オーストラリア州の州都です。

自由移民のために造られた都市であり、碁盤状の規則正しい町並みが広がります。

州都としてはコンパクトにまとまっているのが特徴で、町のあらゆるものが徒歩20分圏内に集まっているとされています。

そんなアデレードに移住するメリット・デメリットについて紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

アデレード移住のメリット

オーストラリアの移住先にアデレードを選ぶメリットの一つは、生活費が安いことです。

特に住居費が安い特徴があり、不便な場所や治安の悪い場所に住居を構えなくても家賃が抑えられます。

街の治安が良好なのも魅力的です。

気候が乾燥していて過ごしやすいものアデレードのメリットです。

湿度が低いので夏でも不快感がなく、冬でも平均最高気温が約15度まで上がり、1年を通して心地よい気候となっています。

また、アデレードからは海や山が近く、余暇を楽しめる環境も整っています。

車に乗って街から離れればオーストラリアらしい雄大な光景を見ることができ、トラムで30分程で行けるグレネルグビーチも観光名所として有名です。

アデレード移住のデメリット

アデレードに移住する注意点としては、英語の訛りが強いことが挙げられます。

日本で学ぶ英語はアメリカ英語が中心なので、オーストラリア訛りの英語はオーストラリア移住したばかりの頃は聞き取ることが難しいかもしれません。

現地のラジオやテレビを視聴して、段々慣れていくことが求められます。

また、職探しが難しいデメリットもあります。

コンパクトで便利な街ですがその分就職先も限られており、オーストラリア国民のみ応募可能な仕事も多いので、希望通りの仕事に就くのは大変です。

工場の仕事など、仕事内容を選ばなけれは特別難しいわけではありませんが、オーストラリア移住する前に、ある程度資金を貯めておくことが求められます。

デメリットも意識して、準備をしておきましょう

アデレードへの移住は、生活費が安く過ごしやすい気候の中で生活できるメリットがあります。

街自体がコンパクトにまとまっていて、レジャーも楽しめる環境があるのも魅力的です。

しかし、英語の訛りや就職の難しさといったデメリットがあるので注意してください。

移住の前にオーストラリア英語に慣れておく、生活資金を用意しておくなどの事前準備が重要です。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

アデレード移住の「デメリット」「メリット」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は