ビックテックとオーストラリア

ビックテックとオーストラリア

2021年2月17日、大手ビックテックの1つであるフェイスブックとオーストラリア政府のやりとりが世界的な注目を浴びました。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

メディア交渉規定法案とは?

これはオーストラリア政府がFacebookに対し自国の報道機関のニュース記事を使用する際に対価を支払うように命じたことにより、Facebook側がオーストラリアでのニュースの共有を停止する措置をとったからです。

このやりとりの大元はオーストラリアで制定が進められている「ニュースメディア交渉法」という、ニュース使用料の支払いを義務付ける法律にそった動きとみられています。

Facebookがオーストラリアでのニュース配信停止に及んだ過程

じつは今回の決定に至る過程として、フェイスブックとオーストラリア政府は約三年間に渡って協議してきた事案でした。

しかしながら、Facebookがオーストラリアにおいていかなるニュース記事に対しても投稿やリンクができない状態にしたことにより、オーストラリア国民からしてみれば突然サービス機能が停止される状態となり、多くの混乱や不便が生じてしまいました。

この影響でオーストラリアのアプリストアでは、地元報道機関の公式アプリのダウンロード数がランキング一位となる現象も起こりました。

インターネットとはリンクの共有でお互いが収益を得られるツールである

Facebookの広報担当ニック・クレッグ氏は今回の経緯について「フェイスブックで共有されているリンクをクリックすると、パブリッシャー{情報発信元}の運営するサイトに移動します。

フェイスブックは2020年にオーストラリアのニュース業界に推定340億円の価値を生み出しました」と語っています。

たしかに音楽特集ページを読んでいてそのサイトのCDを購入したり、リンク元のブログを読んだりすることは私たちの近年の生活でよくあるシーンですよね。

なのでニック・クレッグ氏の「Facebookはあくまでリンクを共用しているだけであり、ニュースメディアにとっても収益をあげるあために欠かせないプラットフォームになっている」という説明もとてもよくわかります。

フェイスブックとオーストラリア政府最終的に和解

Facebookがオーストラリアでニュース配信をしなくなった影響は甚大であったために、政府はニュースメディア交渉法案に修正を加えることを発表。

この修正によりプラッットフォームが自発的にニュースメディアに支払いを行なった場合、すぐにメディアに対する支払いが強制されることはなくなったため、Facebookはオーストラリアでのニュース記事を復活させることに合意しました。

また、Facebookはニュース出版社との提携を進めており、質の高いジャーナリズムの必要性に理解を示し今後3年間で10億ドルの投資を計画しており、いくつかのメディアに対して配信に伴う支払いを行うと発表しています。

インターネットで得られるニュースにはプラットフォームと記事を作成してくれるひとの両方が必要不可欠ですので、今後よりよく発展していってくれることに期待がかかりますね。

この記事を書いた人

30代前半 女性。
コスメと海外旅行が大好きなフリーライター。
音楽、漫画、寝ること食べることも大好き。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は