オージーは陽気な楽天家?オーストラリア移住前に知っておきたい現地の人柄

人の会話
StockSnapによるPixabayからの画像

旅行するのとそこに住むのとでは大きな違いがあります。
オーストラリアは日本と時差がなく気軽に行ける旅行先ではありますが、観光ではなく実際に住むとなると気になるのが現地の実態です。
特にどんな人たちが住んでいて、どんな人付き合いになるかは特に気になる点でしょう。
今回はオーストラリアの人柄について紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

どんな人たちと暮らすことになる?

旅行で知り合う人たちはみんな気さくで親切ですが、ご近所さんという関係になったときにどうなるかは別問題です。
ただ、オーストラリアの国民性から言えば、確かにおおらかで楽天的な人たちが揃っています。
気候が安定しているせいか人間性もおおらかで親切ですし、細かいことをいちいち気にするような人はあまりいません。
口癖は「No Worries(心配ない)」で、自分にも相手にも寛容です。
誰かが困っていれば気軽に声をかけて手伝ってくれる人も多いですし、体が大きく力の強い男性は重い荷物も気軽に持ってくれるのが当たり前という文化です。
道を歩いていると知らない人でも友達のように挨拶されることもしばしばですし、特にビーチ沿いでは初対面の人たちがおしゃべりに花咲く光景もよく見られます。

寛容が裏目に?

明るく親切でほがらかな国民性と言われれば、誰もが住んでみたいと感じるでしょう。
ただそのおおらかさが裏目に出るケースもなくはありません。
電車は比較的時間通りですが、毎日の仕事や約束に平気で遅れてくる人はたくさんいます。
それを責める人もいませんが、時間にルーズなのが許せない人にとっては、たまにイライラするかもしれません。
また、笑い話で、仕事で大きな問題に直面したときにどうするかという例えでオージーは「コーヒーを飲む」と言われます。
焦らず落ち着くのは良いのですが、コーヒーを飲んでいるだけでは問題は解決しませんので、何かトラブルを解決したいときには困った事態になる場合もあるかもしれません。
親切ですが相手の意思を読んでくれるのとは別なので、「イエス」「ノー」を全身で明確に訴えないとバスも止まってくれません。
スーパーマーケットなど店舗も営業時間が短くすぐに閉まってしまうので、客より従業員が優先の国だと理解しましょう。

注意しなければならない点も

移住で一番気を付けるべきなのは、レイシスト(人種差別主義者)が存在するという事実です。
アジア系の移住者も非常に多い国ですが、中にはマイナスイメージをダイレクトに態度に出す人もいますので、そこはあらかじめ注意しましょう。
ただしこれはオーストラリアに限ったことではなく、どの国でもあることです。
現地の言葉を十分に話せない人の場合、さらにそうした対応をされるリスクも高まりますので、覚えておいてください。
また、オーストラリアは基本的にイギリス英語です。
アメリカ人がイギリスに行くと言葉が通じないという笑い話もありますが、日本人はアメリカ英語のほうに慣れているので、聞き取れないことが少なくないでしょう。
また言葉の文化の違いもあり、Sorryという言葉はほぼ使ってはいけないレベルの言葉で、「すみません」の感覚なら絶対に「Excuse me」を使います。
言葉の壁は移住者にとって高い壁になりますが、最初からできると思わず、時間をかけて現地を理解する謙虚な姿勢でいれば大丈夫です。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は