多様な気候を持つオーストラリアは大自然の宝庫

コアラ
Martin StrによるPixabayからの画像

オーストラリアに移住する際に、自然や環境は気になるところではないでしょうか。
今回はオーストラリアの自然の魅力について紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

大陸の多様性が生む自然

オーストラリアは1つの国がひとつの大陸を持つという、世界で唯一の国です。
南極を除いて最も乾燥した大陸なのですが、実にさまざまな気候帯があるのが特徴と言えるでしょう。
北部は熱帯地域、南下すると乾燥地帯の広がる内陸部があり、最も南部は温帯地域と沿岸の海洋性亜熱帯地域が存在します。
しかも南東部の山地には雪が降りスキー場もありますが、ふもとは温暖で年間を通じて極端な寒さになることはありません。
平均温度は世界各国と比べてみても夏冬ともに暖かく、人気の大都市シドニーなどは夏の平均最高温度26℃くらいから、冬は平均最高温度17℃くらいと最適な陽気です。
この住みやすさから移住にも大変人気があり、リタイア世代がゆったり過ごす地に選ぶケースも少なくありません。

自然が生んだ独特の生物たち

オーストラリアには固有種がたくさん存在していることでも有名です。
動物に限らず植物も含め、実にたくさんの幅広い独特の生物に出会うことができます。
約4000万年前に分離したオーストラリア大陸は、孤立した後有袋ほ乳類の適応地となり、地球上でも珍しい有袋類が今も残る土地となりました。
誰もが知る有袋ほ乳類のカンガルーやコアラ、実は人気があるウォンバットなどのほか、単孔ほ乳類としてカモノハシやハリモグラなども生息している貴重な台地です。
山脈と台地に構成された国土には、グレートディバイディングレンジ(大分水嶺)という山脈や熱帯雨林、広い草原地帯を持っています。
またサハラ砂漠以外で世界最大と言われる砂漠地帯へ続くレッドセンターがあり、その名の通り赤い砂でできた砂漠を構成しているのです。
そして海には世界的に有名なグレート・バリア・リーフが広がり、オーストラリア南北約2,000kmに珊瑚礁地帯が広がっています。
これだけでも移住するにふさわしい魅力が溢れますが、ダイビングを楽しむならまさにうってつけの国と言えるでしょう。

国立公園や自然保護区も

オーストラリアのほぼ中央部にウルル・カタジュタ国立公園があります。
13万ヘクタールを超える広大な土地で、アナング・アボリジニの人々の所有地域となっているのです。
写真でも有名なエアーズロックはここにあり、パーク管理者とアナングの人々がしっかり管理しています。
またマウントオルガというドーム型の岩で構成された土地もあり、人生観が変わるような景色を見ることができるでしょう。
そして、本土からは少し離れた島には、タスマニア自然保護区があります。
オーストラリア最大の保護区域となり、保護区の大きさは管理下にあるタスマニア州の約20%にもあたります。
樹齢2000年とも言われるタスマニア固有の針葉樹があったり、本土ではすでに見られなくなった絶滅危惧動物を見たりすることもできるため、かなり見ごたえがあるでしょう。
何度でも訪れて地球の神秘に触れたい場所と言えます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

オーストラリア移住の「自然」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は