カナダ移住のために必要な英語力は?どんな勉強方法をすればいい?

カナダ移住の英語力

カナダ移住のためには、どのようなことが必要なスキルだと思いますか。

移住をするときには経済的な力はもちろんのこと、語学力も必要です。

カナダには2つの公用語があり、英語とフランス語が使われています。

その中でも英語は移住するために必要なスキルの一つで、永住権を取得するためにも欠かせません。

そこでカナダ移住のために必要な英語力や勉強方法について紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

カナダ移住のために必要な英語力

カナダ移住の申請では、英語力を証明するために語学テストでの最低限のスコアの取得が求められます。

英語力を証明するためには「IELTS」の「ジェネラル・トレーニング・モジュール」、「CELPIP」の「General」を受験します。

それぞれのテストに挑戦して、必要なスコアを取ります。特にカナダ移住で使われているのは、「IELTS」です。

日本国内では英語力を証明するために「TOEIC」が使われていますが、カナダをはじめ国際的には「IELTS」が採用されています。

「IELTS」には「ジェネラル・トレーニング・モジュール」と「アカデミック・モジュール」の2種類あり、「ジェネラル・トレーニング・モジュール」は英語圏での永住権や移民申請をするためのテストになるのです。

テストはどの国で受けても構いませんが、有効期限は2年間と決められているので注意します。

「IELTS」で取得する必要があるスコアは、どのような申請方法を選ぶかで変わります。

医師や看護師、消防士や電気の技術者など特定の職業の人は、カナダ経験移民や技術移民、州推進移民などの申請方法があります。

カナダ経験移民は過去3年間の内、1年間カナダで働いた経験があり、スコアは5から7以上が条件になります。

技術移民はカナダ以外の国で働いた経験があり、スコアは7以上です。

有効な勉強方法とは?

カナダ移住のための英語力を磨くには、まず試験対策です。

試験で移住に必要なスコアを取得することが出来れば、カナダに渡っても暮らしやすくなります。

そのためにもまずは試験対策をして、基礎を固めます。

英語をほとんど話すことが出来ない、語学試験に挑戦したことがない人はスクールに通うのもおすすめです。

基礎からきちんと学ぶことができ、同時に試験対策も出来るのがメリットです。

英語はある程度話せる、移住のために英語力をさらに磨きたいときにはカナダ向けの綺麗な発音を意識した話し方を習得しましょう。

カナダは英語圏の中でも美しく訛りのない英語として有名で、滑らかな発音が特徴です。

日本人特有の訛りを出来るだけ無くして、綺麗な発音をひたすら練習します。

カナダの人の喋り方を真似したり、カナダ国内で放送されているドラマなども練習の役に立ちます。

カナダ移住を考えているなら早めの準備を

英語力を伸ばすためには、ある程度の時間が掛かります。

カナダ移住を考えているのなら早めに準備して、スムーズに試験を受けられるようにしましょう。

スコアを一つ伸ばすためには、約3ヶ月は掛かると言われているほどです。

申請にも時間が掛かるので、早く準備することに越したことはありません。

本格的に移住をするためにも、早く動くことが成功のコツです。

この記事を書いた人

20代前半 女性
大学時代にカナダへ留学
現在は英語講師

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は