カナダに移住するメリットや現地の治安について

カナダの治安

海外への移住は多くの候補地がありますが、中でもカナダは冷涼な気候とアメリカと隣接する点が高く評価され、日本でも人気です。

英語を話すことができれば理想的な移住先と言えますが、その一方で治安に関しては問題があるのも否定できない事実です。

安全で快適な生活を営むためにも、カナダ移住で注意すべき点について学びましょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

カナダの生活環境や治安の問題について

言語以外は日本との大きな違いが無い。
カナダは北アメリカ大陸、アメリカ合衆国より北に位置する国家です。

フランス移民が人口の多数を占めていることからフランス語が公用語として使われています。

また、隣接するアメリカの影響によって英語での会話も可能です。
そのため、英語を話すことができればカナダ移住は難しくないと言えるでしょう。

物価や生活様式など暮らしに直結する事柄の多くは日本とほぼ変わらないため、言語を除けば快適に生活することが可能です。

気候については日本よりやや冷涼ですが一年を通してほぼ似ているので、外国に移住したいが極端な環境の変化は苦手という人にとってカナダは理想的な地域になります。

外国人移民による犯罪が多い

カナダは隣接するアメリカと比較されることが多く、治安についても例外ではありません。

アメリカより安全と好意的に評価されていますが、それでも犯罪発生率は日本の約5倍と言われています。

カナダの犯罪で多いのが銃を使った強盗や傷害です。

カナダは銃の所持が厳しく制限されていますが、その一方でアメリカからの密輸が多く社会問題になっています。

陸続きなので密輸が容易であり、アメリカの犯罪者がカナダに逃げ込むケースも少なくありません。

また、移住した外国人がギャング化して犯罪を行うことも多く、日本人が巻き込まれるおそれがあります。

自分の身は自分で守るのが基本

カナダ移住を希望する人の多くは治安の良さを期待しています。

アメリカよりは安全と評価されている一方、日本と同じ感覚で暮らしているとすぐに大きなトラブルに見舞われるので注意が必要です。

犯罪の被害者にならないためには自分でできる防犯対策を徹底することが重要になります。

人通りが少ない裏道や薄暗い路地裏、夜間の繁華街などは非常に危険なので近づいてはいけません。

また、高額な物を持ち歩くのも犯罪を誘発するおそれがあるので避けます。

観光客ばかりではなく移住者も狙われるので、常に周りに気を配り、わずかでも隙を作らないことが危険な目に遭わないための必須条件です。

日本に似た環境でも油断をしてはいけない

カナダは生活環境が日本と類似している他、英語を話すことができれば特に不自由はしません。

外国に骨を埋めたい人に取ってカナダ移住は理想的な選択に思えますが、治安についてはやや問題があることを理解する必要があります。

アメリカから密輸された銃を使っての犯罪が多く、観光客ばかりではなく移住者も被害に遭うケースが少なくありません。

危険な場所に近づかないなど毎日の暮らしの中で常に用心することを心がけます。

この記事を書いた人

20代前半 女性
大学時代にカナダへ留学
現在は英語講師

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

カナダ移住の「メリット」「治安」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は