インドネシアにおけるスマホの普及率と契約方法

インドネシアのスマホ事情

インドネシアは世界中から観光客が訪れるリゾート地としても人気の高い国で、過ごしやすい環境を気に入って移住する人も多くいます。

日本からの移住者も増加している中、急激にシェアが拡大しているのが携帯電話です。

そこで今回は、インドネシアにおけるスマホの普及率を紹介すると共に、会社ごとに違う特徴や契約方法について解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

インドネシアのスマホの普及率

インドネシアのスマホの普及率は2013年頃は10%前後でしたが、その後急激にシェアが伸びていき、90%超えるまでに普及しています。

一昔前まではビジネスでの利用に限られていたスマホがプライベートでも活用されるようになったのが主な理由です。

インターネットの利用者も急増していることから、普及率はさらに高くなると言われています。

主要携帯電話会社とそれぞれの特徴

国内にある携帯電話の主要キャリアはTelkomsel、Indosat、XLの3社になります。

Telkomselはインドネシアで初めてiPhoneを販売するなど、対応の早さで人気です。

日本のキャリアでは標準となっている24時間対応のオペレーター対応など、アフターケアの充実さも世代を問わず支持されている理由に挙げられます。

Indosatはシャアや利用回線数ではTelkomselに若干遅れを取っていますが、本体とSIMカードのセット割などのプランの充実が魅力です。

1年を通して定期的にお得なキャンペーンなどのイベントが開催されることで、若い世代を中心に需要が伸びています。

XLの魅力は、契約プランの充実です。

データ量や通話などプランが細かく用意されていて、自分の使い方に最適な方法で契約できます。

国際通話が安いプランは、日本に残っている家族とこまめに連絡を取りたいというインドネシア移住者に人気です。

月々の利用料金の相場と契約方法

携帯の月々の支払いは、プリペイドと口座からの引き落としの2種類から選ぶことができます。

前払いシステムのプリペイドは、使用している携帯のSIMカードに必要な分だけチャージしていく形です。

残高がなくなり次第利用がストップするので使いすぎないで済むのがメリットになります。

口座引き落としは購入の手間が省ける反面、事前に口座の開設を済ませておかなくてはいけません。

月々の料金の相場は契約するキャリアやプランによって若干の違いがありますが、2Gで1000円前後となります。

契約方法は、キャリアショップや家電量販店で本体を購入後、別途SIMカードを購入するのが基本です。

キャリアによっては本体とセットで購入することでバラバラで買うよりも費用を抑えられるケースもあります。

SIMカードは空港などでも販売されているので、日本から訪れたタイミングで購入をすれば到着してすぐに使うことも可能です。

契約には身分証明書の提出が必要となり、口座引き落としを希望する人は通帳も提示しなくてはいけません。

自分に合ったプランや支払い方法を選択する

契約プランによって月々の携帯電話に掛かるコストが大きく変わるという点は、インドネシアにおいても同じです。

支払い方法においても、プリペイド式は気軽に使える反面、1ヵ月以上チャージをしないと使用不可になるなど、一長一短の特徴があります。

移住後に携帯電話を購入する時は、プランや支払いなど条件をしっかりと把握してから選ばなくてはいけません。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は