マレーシア移住をするなら知っておきたい便利な交通手段

マレーシア 交通

マレーシア移住を検討する際、文化や言語、食生活など、その国ならではの様々な情報を事前に得ておく必要があります。

そうした知っておくべきことのなかで欠かせないことの1つには、暮らしに深くかかわる交通事情が挙げられるでしょう。

そこでこの記事では、マレーシアで利用できる交通手段や、移住後の日本人が安心して利用できる移動サービスについて紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

マレーシアの交通事情

マレーシアには公共の交通機関をはじめ、様々な移動手段があります。

鉄道や市内を循環するバスは本数も多く、生活のなかで利用する人は多いです。

一方で、マレーシアでは、自家用車を所有している家庭も少なくありません。

マレーシアでは街の中心部から離れると、駅までの距離が遠いなど、公共の交通機関を使うのが難しいこともあるのです。

したがって、都市部を離れるほど、暮らしに自家用車が必要になる機会が増えるでしょう。

マレーシアの道路事情は、日本と同じ左車線通行で、多くの車が右ハンドルであるため、マレーシア移住後、それほど違和感なく運転することが可能です。

また、マレーシアでは、長距離バスや市内循環バスといった公共のバス交通が充実しているため、車を持っていなくても移動手段に困ることはあまりないでしょう。

加えて、Grabというタクシーのような配車サービスもマレーシアでは一般的です。

Grabは、アプリによって簡単に予約や利用ができるため、マレーシアでも利用している人は多く、暮らしに根づいたサービスであり、マレーシア移住をした車を持たない日本人にも利用している人は多くいます。

Grabは、登録している一般人が自家用車を利用して、移動手段を提供するサービスです。

アプリなどで、出発地と目的地を入力することで、事前に料金がわかることが、Grabが人気の理由の1つだと言えます。

Grabを利用する際は、その場から近いドライバーを手配してもらえるため、早ければ数分で配車してもらうことが可能です。

マレーシアではタクシーも利用できますが、利用料金が曖昧であることもあります。

したがって、マレーシア移住をして間がなく暮らしに慣れていない頃や、料金交渉が不安なとき、支払いに不安がある場合などには、Grabを利用するのも1つの手段だと言えます。

マレーシアでは自家用車やGrabが便利

マレーシアでは、様々な交通機関を利用することができます。

鉄道や長距離バス、市内の循環バスなど、公共の交通手段も充実しています。

一方で、マレーシアの多くの家庭では自家用車を所有していて、車が暮らしに欠かせない存在になっているという一面もあるのです。

また、マレーシア移住をした日本人をはじめ、車を持たない人は、Grabという配車サービスを利用する機会も多いでしょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は