ニュージーランドに移住を考えています。永住権をとりたいと考えていますが、条件にはどのようなものがありますか?取りやすいものと、取りにくいものを教えてください

kiki

kikiさんの回答2021.04.25

ニュージーランドの永住権取得には、いくつかのカテゴリーが設けられています。

企業家部門:ニュージーランドで起業を始める明確なプラン、十分な資金が必要。
投資家部門:移民局に定められたニュージーランドの投資先に、3、4年投資する事が必要。
リタイアメント部門:66歳以上の人で十分なお金を持ち、かつ投資できる人。
技能部門:学歴、職歴、年齢等によりもらえるポイントが分かれており、合計160ポイント以上持っていると申請できる。

各部門ともに、英語テストで一定点以上取れている事、健康である事、犯罪歴のない事が条件です。
手っ取り早く現地人と結婚というのもありますが、2年以上同棲した証明が必要です。
自分に合ったカテゴリーに申請できますが、日本人は技能部門での申請が一番多いようです。
特に大卒で年齢が若く、ニュージーランドで働いた経験があるほど取りやすいです。

移住に関しては「nzdaisuki.com」「日刊ニュージーランドライフ」あたりで最新情報がアップデートされています、


【プロフィール】
性別:女性 年代:40代 職業:航空会社勤務
滞在期間:1995年から現在まで。
移住の目的:転勤がきっかけでした。2年間の予定で来ましたが、その間に永住権が取れたため、ずっと残っています。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する