ニュージーランドの仕事事情を解説!

ニュージーランドの仕事事情

ニュージーランドに移住をし、移住後も働くことを希望する人は多いです。

日本人が雇用されるためには、まずはニュージーランドの仕事事情をしっかりと把握しておきましょう。

雇用の際に重要視されるポイントなどを、あらかじめ知っておけば有効な対策が取れます。

ニュージーランドで人気があり盛んな業界や職種、日本人が多く働く仕事などを紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

ニュージーランドの仕事事情

ニュージーランドへ移住後、現地で仕事に就きたい場合には、どんな仕事が盛んなのかを把握しておきましょう。

ニュージーランドでは、観光業界・ホスピタリティ業界・レジャー業界などが盛んです。

ニュージーランドは観光地としても人気なため、世界各国から観光客が集まります。

観光会社では旅行情報の発信、ホテルやツアーの予約などを行う仕事が多いです。

ニュージーランドでは一般的にフルタイム正社員の場合には、年俸で雇用契約を結ぶのが特徴です。

年棒に基づいた給与が2週間ごとに振り込まれるのがスタンダードなスタイルになります。

年棒契約のため、昇給のチャンスは年に1回です。

日本と違いボーナスの習慣はありません。

夏や冬の決まった時期にボーナスが出るということはありませんが、会社によっては働きに応じて臨時的にコミッションまたはピースレートと呼ばれる賞与があります。

ニュージーランドで日本人が多く働く仕事とは?

ニュージーランドは暮らしやすい国のため、移住先としても人気です。

日本と同じく島国であり、日本人も多数生活しています。

ニュージーランドは英語とマオリ語の2つが公用語です。

マオリ語も堪能であれば就職に有利ですが、マオリ語が話せなくても日常会話に苦労しない程度の英語力があれば就職することができます。

日本人が多い就職先はスキルを活かした専門職です。

具体的にはプログラマーや料理人、美容師などがあげられます。

ニュージーランドで働く日本人に求められるものは、日本で身につけた専門スキルや日本語スキルです。

日本人である強みを活かせる職場が理想的です。

将来的にニュージーランド移住を希望する人は、英語力をアップさせるのはもちろんですが、専門的なスキルを身につけておくと就職に役立ちます。

ニュージーランドで就職をするポイント!

ニュージーランドは自然が豊かで家族との時間を持てる国として人気の移住先です。

日本人も多く、移住者に優しい環境が整っています。

ニュージーランドで日本人が仕事を探す際には、プログラマーや美容師などの専門的なスキルを持っていると有利です。

観光業が盛んなので日本語が話せるスタッフを必要としている企業も多くあります。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

ニュージーランド移住の「仕事」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は