ニュージーランド移住で快適に移動するための交通手段

ニュージーランドの交通手段

太平洋の南西に位置するニュージーランドは火山を始めとした自然が豊かな国で、観光地としても人気があります。

地域によっては都会の喧騒を離れて穏やかな暮らしが送れるため、日本からの移住を希望する人も少なくありません。

今回は、ニュージーランドに移住をする上で知っておくべき主要交通機関について詳しく解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

近場から遠出まで対応している路線バス

日本よりも若干国土が小さいニュージーランドでは、路線バスを利用した移動が人気となっています。

路線バスは大きく長距離と近距離の2種類に分けられていて、それぞれ運賃や利便性の高さが大きく異なるのが特徴です。

電車よりもバスが重宝されることから、ネットワークが細かく設備されているのも特筆すべきポイントになります。

運航するルート上に限り、自宅や飲食店など予め指定した場所で乗り降りができるサービスを用意している会社も少なくありません。

通勤や通学以外の日常の足としても便利に活用できます。

美しいし景色を堪能できる電車

路線バスと並んでニュージーランドの主要移動手段として人気となっているのが電車です。

都市部を走るバスとは異なり、郊外を走る電車は美しい自然を堪能できしながら移動できるのが魅力と言えます。

ただし、1日の運行本数が少なく、乗車定員が決まっているという理由で完全予約制になっているので注意が必要です。

ニュージーランド移住者の中には、日本と同じ感覚で利用をしようとして予約がないことで断られる失敗をする人もいます。

バスよりも目的地に早く移動することができる反面、利用に制限があるという点では通勤や通学の足として利用するのは難しいのは否めません。

島の移動に必要なフェリー

南北2つの島で構成されているニュージーランドならではの交通手段の一つにフェリーがあります。

島を隔てているクック海峡は風が強く荒れやすいため、小型船など個人で用意する乗り物では渡るのが難しいのが実情です。

公共交通機関のフェリーであれば天候に左右されることもなく、船酔いの心配をせずに往来できます。

フェリーは島の往来だけでなくスチュワート島を始めとした近隣の島への便も出ているので、休日のレジャーで遊びに行く場合にも最適です。

乗り物のごとの利便性を知っておく

ニュージーランドの移動手段はバスからフェリーまで複数の選択肢がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

バスは安い反面、通勤時間帯以外は運行間隔が空いてしまう、電車は移動が速くても事前の予約が必要など特徴は様々です。

日常生活の移動の足として利用をする人は、利用するタイミングや目的地に合わせて最適な方法を選ばなくてはいけません。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は