最初にして最大の関門!IELTSスピーキングにおける発音マスター法

IELTSスピーキング

英語の試験と言えば、一昔前まで、TOEIC英検がメジャーでした。

しかし近年海外留学への人気が高まっていることもあり、TOEFLIELTSなど日本人になじみのない試験が入学条件に加わることを少なくありません。

本記事では、IELTSのスピーキングに関する発音マスター法について解説をしていきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

スポンサーリンク

なぜ日本人は英語の発音が「下手」なのか

まず初めにお伝えをしておきたいのが、この記事を読むにあたり「My English is bad」と言うのをやめることを約束してください。

海外に出てヨーロッパの人と知り合うと、英語圏の国以外の出身の人たちでも、流暢に英語を話すことが見受けられます。

日本人の立場からすると、ヨーロッパの人も同じように英語の勉強をしているのに、なぜこんなにも差が出るのだろうと悲しい気持ちになります。

しかし、ここで英語学習者のみなさんには必ず覚えておいていただきたいのが、前提として日本人にとって英語の習得はとても難しいと言うことです。

そもそも、発音の仕方、文法、言葉として成り立ちが英語と日本語では全く違います。

そのため、同じように英語を学んでいても、ヨーロッパや他の国の人々に比べると日本人にとって英語の学習のハードルはかなり高いといえます。

英語の学習に取り組んでいる皆さんは、チャレンジするだけでもとても立派です。

発音に関しては日本人の最も不得意とする分野の1つではありますが、海外の人と英語で話すときに「自分の英語は良くないから」と自信なさげにするのではなく、トライするだけでも自分は偉いという自信を持ってください。

英語の発音

発音は日本人が英語の学習をするにあたり、最も難しい分野の1つです。

日本人が英語を発音できない理由は、英語の音が日本語に存在しないと言う点にあります。

例えば、海外の人から日本語について最も驚かれるのがRとLの発音の違いがないと言う事です。

そのため、日本人が英語を学習するにあたりRとLの発音の区別ができないと言うのは、コミュニケーション上で致命的な難点であり、これこそ日本人が英語の発音ができない理由です。

スポンサーリンク

発音をマスターすることの重要性

よく英会話学習にありがちなのが、「日本人は発音に自信を持っていなさすぎる。間違ってもいいからトライをしてみよう」といったポジティブなメッセージです。

しかし、これははっきり言って間違いです。

ダメ

英語を使ってコミュニュケーション取るにあたり、発音が間違っていると相手には絶対に伝わりません。

そのため発音は必ず意識するべきであり、伝わる言葉として成り立つためには必ず発音の成り立ちを理解しなければなりません。

特にスピーキングテストのあるIELTSでは発音がかなり重要であり、IELTSで採点されることを前提とした発音練習が必要になります。

発音のスタイルがアメリカ式またはイギリス式であるかどうかは問われませんが、スピーキングのテスト中にいろいろな国のアクセントを混ぜて発音してしまうと減点対象になります。

そのため、発音に関して学習をする際には、まずどのアクセントをベースにするかを心の中で決めておきましょう。

一般的に、日本人にとってなじみが深いのはアメリカやカナダのアクセントです。

日本人が普段目にする海外ドラマや映画、音楽などアメリカやカナダベースのアクセントで話すカルチャー作品が多いことから、意識をしていなくてもこういったアクセントには脳が潜在的に慣れを感じていることが多いと言えます。

スポンサーリンク

発音コンプレックスを持つ人がやるべき秘策

コンプレックス

ではIELTSの発音対策に関して具体的に何をすればいいのか、コンプレックスを持つ人がするべき対策は何かをご紹介していきます。

筆者が発音をマスターして相手とコミュニケーションが取れるようになった秘策として、耳で聞いたものをそのまま書くと言う方法があります。

英語学習の研究者の中には、外国語を勉強するときに日本語は全て置いてきた方がいいと言う人もいますが、発音においては一部日本語を使って学習することも有効な手段の一つです。

例えば、対象となる会話や録音の音声を用意して、相手の言ったことを耳でそのまま聞いた通りにカタカナでノートに落とし込みます。

例えば、「McDonalds」と聞こえたら日本語のカタカナ通りマクドナルドと書くのではなく、「マッ(ク)ドォーナル」など、自分流でいいので聞いた通りに書き出してみます。

この時、あまり聞こえない部分は()を使って表したり、強く発音する部分にはアンダーラインを引いたり、自分で見て発音が再現できるように書きます。

これは脳に入ってきたものをそのままアウトプットすることによって同じクオリティーで再現できるかという、モノを学習する過程において非常に重要なプロセスの応用です。

この方法は、絵を描くときに見たものをそのまま模写してスキルを上げたり、歌を歌うときに音源を聞いてそっくりそのまま歌えるようにして歌唱力を上げたりすることに似ています。

スポンサーリンク

ネイティブスピーカーと戦え!面接での発音攻略法

英語の面接

最後に、スピーキングテストの本番攻略法です。

英会話では、1人で練習している時よりも、相手を目の前にした時に力が発揮できないことがよくあります。

これは相手に聞かれていると言う意識により脳が緊張を感じ、練習通りに力が発揮できないことに由来します。

特に発音に関しては、自信がなさそうに言ってしまったり練習した通りに言えなかったりすることも多くあります。

対策としては、普段から英語を話す相手に定期的に会話の機会を作り、英語を話すということ自体に慣れることです。

この英語を話すことに慣れる練習は、グループ学習よりも1対1のマンツーマンセッションである必要があります。

マンツーマンの会話練習では、相手の表情を見ながら理解しているかどうかを把握しやすいため、もしも相手が眉をひそめたり分かりにくそうな表情浮かべているときは、自分の発音が悪く相手が聞き取り聞き取ることができていないということが分かります。

スポンサーリンク

発音を学ぶためのベストな英会話サービスとは?

今回お伝えした発音マスター法に必要なのは、「IELTSで評価されることを前提とした発音」「発音アクセントの統一」「日本人になじみのあるアメリカ・カナダ式発音」「マンツーマンの会話練習」です。

Universal Speaking 」での英会話練習は、IELTSに特化したナレッジを持つ講師が、日本人にも聞き取りやすいアクセントで、マンツーマンレッスンを行うことが特徴です。

講師・生徒共にIELTSという明確な目標をあらかじめ理解しているため、発音に関して最も効果的な方法で練習を進めることが可能です。

Universal Speaking公式サイトはこちら

スポンサーリンク

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は