海外移住を考えている人に適した英語の勉強方法について

英語の勉強

海外への移住は生活様式や価値観の違いなどを体感できる魅力があります。
新しい暮らしをスタートさせる方法として注目されていますが、その一方で語学力がネックになる事実も否定できません。

多くの国や地域で公用語として使われている英語をマスターすることで便利に暮らすことができますが、日常会話レベルの語学力を持つのは決して容易ではありません。

海外移住を成功させるためにも、英語の勉強方法について学びましょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

読み書きは勉強の基本だが注意点もある

海外移住を考えている人が英語を勉強する場合、もっとも一般的な方法が英語の書籍を使った読み書きです。

言葉の勉強は自分で読んだり書いたりするのが基本であり、何度も繰り返すことで少しずつ習得することができます。

読み書きによる勉強は一人でできるのが大きな利点ですが、時間がかかる欠点もあります。

教材として用いる書籍も効果の良し悪しを左右するので慎重に選ばなければいけません。

また、一人で行う勉強は根気が必要なうえに、最後までやり遂げる強い意思を持つことも重要になります。

教える人がいないので分からない部分が生じたら自分で解決しなければいけません。

途中で挫折するリスクもあるので、この方法を選ぶ際は十分に注意する必要があります。

読み書きを中心とした勉強でも英会話教材を使った方法は効果が高いと言えます。

英会話の基本的な部分を網羅しているので、教材が一つあれば最低限の知識を得られると言っても過言ではありません。

効率的に知識を習得できるので多忙な人にも向いている方法ですが、それでも教える人がいない状況なのは変わりません。

自分一人で英語の勉強をやり遂げなければいけないので、根気と強い意思を持たなければ挫折する可能性があります。
また、教材の良し悪しが勉強の質を左右するのも事実です。

内容が理解しやすく、反復して読み書きを行うのに適した教材を選ぶことが重要でしょう。

英語圏で出版された書籍を翻訳するのは効果的な方法とされています。
しかし、英語用の教材とは異なり模範解答がないので、誤った認識の修正が難しい欠点もあります。

先生に教わる方法は英会話を実践できるのが強み

英語の勉強で重要なポイントは会話です。

文法やスペルを学ぶことも重要ですが、それ以上に会話ができなければ快適な海外移住は望めないと言えるでしょう。

特に訛りやスラングなどは日常会話での使用頻度が高い一方、英会話教材では扱われていないことも珍しくありません。

海外移住は旅行とは異なり、その国に骨を埋めることを前提とした行為です。

何年、何十年も住み続けることになるので、英語の勉強もそのことを前提として行う必要があります。

スムーズな会話を目指すなら英会話スクール、特に英語圏出身の外国人講師が在籍しているスクールに通うのが最適です。

外国人講師は生まれた時から英語に触れているので自然な会話ができます。

英語に限らず言葉は他人の口から発せられたものを聞くことで早く覚えることができるとされています。

海外での暮らしに必須と言える流ちょうな英会話を目指すなら、自然な英語を話す講師に教わるのが一番の近道と言っても過言ではありません。
しかし、英会話スクールのすべてが優れた授業を行っているとは限りません。

中には発音が正しくないなど講師の質が低い所も存在します。

料金やスクールの知名度、立地など様々な選択肢がありますが、勉強の質は妥協せずにこだわって選ばなければいけません。

近隣に英会話スクールがない人に向いているオンライン英会話

英会話スクールの派生形としてオンライン英会話があります。

インターネット通信によるビデオ通話で英会話の勉強を行うもので、講師と受講生が離れた場所にいても実施できるのが大きな特徴です。

近隣に英会話スクールがない地域に住んでいる人でも質の高い勉強を行うことができます。

海外移住の後でも勉強ができるのがオンライン英会話の利点です。

回線が通じればどこに住んでも英会話について学ぶことができるので、現地での生活に馴染みながら語学力を向上させることも難しくありません。

常に質の高い勉強ができるオンライン英会話ですが、通信環境を用意するための費用が嵩んでしまう事実は無視できません。

オンライン英会話を行うスクールがカメラなどの通信機器をレンタルすることもありますが、レンタル料金が受講料に上乗せされることが多いので事前の確認は必須と言えます。

講師の良し悪しが勉強の質を左右する点も英会話スクールと同じなので、利用する際は慎重に選ぶことを心がけます。

海外のサーバーを経由した通信になるので料金や個人情報の扱いにも併せて注意しましょう。

スマホアプリを使った英語の勉強について

スマホの普及と共に広まっているのがスマホアプリによる英語の勉強です。

アプリを使えばわずかな空き時間を利用して勉強できるので仕事の合間に少しずつ利用するなど、忙しい人に向いている方法でしょう。

音声を読み上げる物も多いので英会話スクールに通うのと同じ効果を期待できます。

無料のアプリを使えば金銭面に関する心配もありません。

利便性が高い方法ですが、スマホアプリは数が多いものの質の良し悪しの差が大きいのも事実です。

無料アプリは特に質の違いが顕著なので利用する際は評判の確認を忘れてはいけません。

有料アプリもそのすべてが高品質とは限らず、操作性や音声の読み上げなどは個人の好みも関係するので一概にどのアプリが良いと断言はできません。

複数のアプリを比較し、自分にぴったりな物を見つけるのがスマホアプリでの勉強を上手に行うコツです。

映画やテレビドラマは日常会話の言い回しを学ぶのに便利

好きな映画を何度も観て英語を覚えたという人は少なくありません。

勉強には抵抗を感じても趣味や娯楽なら素直に受け入れることができるのはありがちなことですが、その点を利用して映画やテレビドラマを何度も観賞し、次第に英会話を学ぶ方法があります。

映画やテレビドラマは優れた英会話教材と言われていますが、これは任意のタイミングで何度もやり直すことができるためです。

英語を覚えようと身構えるのではなく、楽しいひと時を過ごそうという姿勢になっているのも大きな利点と言えます。

リラックスして英語を学ぶ形になるので、緊張せずに覚えることができます。

好きなことなら時間を忘れて熱中できるのも、映画やテレビドラマが優れた英会話教材と評価される理由です。

教科書には載っていない訛りやスラング、独特な言い回しを学ぶことも難しくありません。

海外移住は現地の人との触れ合いも魅力ですが、流ちょうな会話ができなければ良い関係を作ることは困難です。

定型文のような言葉ではなく、暮らしに根付いた表現を駆使することがコミュニケーションの基本と言えます。

映画やテレビドラマの言い回しを上手に使いこなせばネイティブレベルの高度な会話も夢ではありません。

しかし、映画などで英語を勉強するのは音声を正確に聞き取ることが前提になります。

最初のうちは日本語字幕と比較しながら少しずつ英語を覚えることになりますが、字幕は内容を要約していることが多いので必ずしも正しい内容とは限りません。

出演者によっては訛りが強く、英会話スクールの講師でも正確に聞き取れないこともあります。

文法的には正しくない言い回しで話していることも珍しくないので、ある程度は英語の知識を持ったうえで勉強するのが賢明でしょう。

自分に向いている方法を長く続けることが重要

英語の勉強方法は様々ですが、いずれも長所と短所があります。

また、どのような方法でも長く続けなければ海外移住に役立つほどの語学力を持つことができません。

自分に向いている方法を見つけ、長く続けるのが日常会話で苦労しないための心得と言えるでしょう。

自分はどの部分が苦手なのか、どのような話し方が向いているのかを把握するのも質の高い勉強に繋がります。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は