国際的な影響力が大きいシンガポールの歴史について

シンガポールの歴史

海外移住を検討する際、その国の国際的な影響力は無視できないポイントです。

他の国との交流が盛んで、物資や情報が頻繁に行き来する国ほど豊かな生活が可能と言えます。

その点で言えばシンガポールは理想的な移住先と言えるでしょう。

第二の人生を快適に営むためにも、ここではシンガポールの歴史や国際的な立場についてお伝えしていきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

歴史で培われた自立意識

外国への移住を検討する際、その国の歴史を知るのは快適に暮らすための必須条件と言っても過言ではありません。

シンガポール移住についても同様であり、シンガポールの歴史を学ぶことで魅力を再認識することができます。

シンガポールがまとまりのある国家として成立したのは1400年頃とされ、当時はマラッカ王国という名称でした。

1511年にポルトガルがマラッカ王国を滅ぼし、その後に建国したジョホール王国が1824年にイギリスの支配下になったことで植民地化が成立したとされています。

1959年にイギリスから自治権を獲得し、63年にはイギリスから独立したマレーシアの1州となりました。

2年後の65年にはマレーシアから独立し、正式に一つの独立国となったのです。

シンガポールの国民性は自立意識が強いとされていますが、これは国の歴史と関係していると言えるでしょう。

大国に植民地化されつつもシンガポールの民としての誇りを忘れず、遂には独立国家を成立させたのは他者に依存せず、自立した生き方を良しとする気質が根底にあったと考えられています。

世界中と深い繋がりがある

シンガポールはイギリスの植民地となっていた時代から貿易の拠点として栄え、独立国家になってからはさらに国際化が進みました。

アジア諸国に限らず、イギリスをはじめとする欧州各国とも深い繋がりがあります。

イスラム教徒が多いことから中東諸国とも交流があり、世界中の国々に影響をもたらしていると言っても過言ではありません。

国際的な金融市場としても知られ、世界中の富裕層が投資ビジネスの拠点と位置付けています。

アジア諸国の中では非常に豊かな国とされ、引退後の移住先として安定した人気を保っているのも大きな特徴です。

多くの国と繋がりがあることから英語が公用語であり、言語の面で不自由がないのも高い人気の一因になっています。

歴史を知ることでさらに楽しい生活ができる

外国への移住は生活資金や言葉の問題を考慮する以外に、その国の歴史についても学ぶことが重要と言えます。

国の成り立ちについて理解し、歴史を知ることでその国での暮らしが充実したものになるでしょう。

移住は単に生活の場を変えるだけではなく、その国の一員となることを意味しています。

国の歴史を知るのは移住先での暮らしの質を高めるのに必須なのは間違いありません。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は