シンガポール移住に英語は必要!?

シンガポールでの英語

シンガポールに移住を考えた時に、真っ先に心配になるのはやはり言葉ではないでしょうか。

自分の英語力で足りるのか…もっと勉強したほうが良いのか…。

そもそもシンガポールに移住するとなったらどの程度英語力が必要なのか。

また、どんな勉強をしたらシンガポールで暮らすのに不自由ない程度の英語力を手に入れられるのか気になる人も多いでしょう。

そこで、シンガポールの英語事情や勉強方法についてご紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポールの英語事情は?

シンガポールの公用語は基本的には英語で、特にビジネスの場や公の場で必要になるのは英語です。

ただし、その英語もSinglishと呼ばれるほどシンガポールなまりやシンガポール風ともいえる英語が多数混在しています。

例えば「チャイニーズ」を「チャイニッシュ」と言ったりします。

そのため現地の人の言葉を英語ができるから必ずすぐに理解できるかというと難しい面もあります。

ただ、基本は英語なので英語が分かる人なら何を言いたいのかを察して理解することができたり、自分も英語で質問できれば分からないことも理解できるのでやはり英語はできるに越したことはありません。

日常生活の中では公共の乗り物に乗ったり買い物をする程度ならさほど高度な英語力は必要なく、決まり文句の様に必要な英文が話せれば一通り問題なく済ませることはできます。

一番大変で重要なのは移住の初期に必要な交渉事です。

例えば住むための家を決める時に家賃や間取りを交渉したり自分の希望を伝えるには細かなことが表現できる英語力があったほうが有利です。

スマホの契約や銀行口座の開設など重要な手続きを問題なく済ますにはやはり自分の意志をはっきりと伝えられるだけの英語力を身に付けておくほうが安心です。

シンガポール移住に必要な英語はどうやって身に付ける?

先にも述べたようにシンガポール移住には英語力はある程度必要と言えます。

特に英文を書く力よりも英語で自分の意思を伝えられる英語力が必要になるのでやはり会話重視で勉強しておくことがおすすめです。

多くの場合シンガポールの人は日本人よりも積極的にどんどん話しかけてくるのでそれに気おされない度胸も一緒に身に付けておくと良いでしょう。

方法としては最近はパソコンやスマホを使ってオンラインで英会話を学習できるようになっているので、少しでも空いている時間を見つけて取り組むと良いでしょう。

チケット制になっているスクールやサイトなどもあるので自分に合ったスクールやサイト、先生を探してみるときっと良い方法が見つかるはずです。

レッスンや先生によっては自分の希望に合わせた内容にしてくれる場合もあるので先生に移住に必要な交渉に使える英語を身に付けたいと伝えてレッスンしてもらうのもおすすめです。

オンラインの英会話ではアメリカ人やイギリス人、オーストラリア人の先生も数多くいますが、結構多いのがアジア系のフィリピン人の先生です。

シンガポールの英語は日本人の思うネイティブの英語よりもかなりなまりが強いのであえてアジア系の先生のレッスンを受けて少しなまった英語に慣れておくのも有効です。

まずはチャレンジから

シンガポールに移住しようと考えたら、もちろん英語だけでなく様々な不安もあることでしょう。

でもまずはやってみなければ始まりません。

事前にできる限りの英語の勉強と多少お金に余裕を持たせて準備しておけば後は多少の失敗もシンガポール移住の楽しみの一つとなります。

しっかりと準備さえしておけば意外とどんなトラブルも乗り切れるものです。

チャレンジの精神を忘れずにまずはできるだけのことをやってみましょう。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

シンガポール移住の「英語」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は