シンガポール移住のメリット・デメリットを解説!

シンガポールの特徴

日本人が移住先の候補に挙げる国はさまざまですが、中でも人気のある国がシンガポールです。

「住みやすい」という移住者が多いことから、羨ましく感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、シンガポール移住には多くのメリットがありますが、一方でデメリットがあるのも事実です。

ここでは、シンガポール移住をする上で知っておきたいメリット・デメリットについて解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポール移住のメリット

交通機関が充実

日本の都市部は世界有数の交通インフラが築かれていますが、地方になるとバスが一日に数本などあまり交通インフラが整備されていない場所もあります。

一方でシンガポールはそういった交通機関のインフラの整備が進んでおり、全体的に交通機関が充実しているのが特徴です。

また、タクシーの料金が日本に比べて安い、外国へのアクセスしやすいなどのメリットもあります。

食料品が豊富

海外移住で後悔する原因として多いのが、食生活の急激な変化です。

変化するだけならまだしも、美味しいと感じられない食品を食べ続けられるという方は多くないでしょう。

シンガポールは海外の国ですが、実際に現地で売られている食料品などは日本とそれほど変わらないというのもメリットの一つです。

シンガポール特有の食品も売られている一方、日本で販売されているようなヌードル製品も売られていることがあります。

そのため、日本と変わらないような食生活の実現も難しくありません。

シンガポール移住のデメリット

四季を感じられない

日本では、春夏秋冬それぞれの季節で草葉の色合いが変わるなど、四季によって起こる変化が多いという特徴があります。

しかし、海外ではそういった四季による風景の変化はほとんどなく、シンガポールも例外ではありません。

また、気候の変動が小さいため、一年中少し暑く感じるような気候で過ごすことになります。

「日本の気候変動が好き」という方にとっては、風景などから四季を感じられないことがデメリットになるといえるでしょう。

高級住宅が多い

シンガポールは暮らしやすい国ではありますが、インフラの整っている地域の住宅は日本に比べても費用が高いです。

日本は都市部でも5万円以内で物件を借りられることが多いですが、シンガポールではその価格帯で物件を探すのが難しくなります。

シンガポール移住をする際には、住宅用に十分な資金を確保しておいた方が良いでしょう。

メリット・デメリットを理解してから移住しよう

シンガポールは素敵な国ではありますが、移住するとなるとメリットだけではなく、デメリットも出てきます。

メリット・デメリットの両方を理解しないまま移住すると、後悔をしたりトラブルの原因になったりすることも珍しくありません。

シンガポールに移住する際は、メリットだけでなく、デメリットもしっかり理解した上で移住を検討するのが大切です。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

シンガポール移住の「デメリット」「メリット」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は