シンガポールで貿易関係の営業職として働いて感じた日本との違い

シンガポールで働いて感じた日本との違い

シンガポールでの生活に憧れ、現地で仕事をしてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、シンガポールと日本では働き方に違いがあります。
そのため、シンガポールで働きたいと思うなら、事前に情報収集をしておいた方が良いでしょう。

そこで、今回は私が実際に現地で働いてみて感じたことをご紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

約2年間シンガポールで働きました

私は、30代女性です。もともとは日本の金融機関で仕事をしていたのですが、海外で働くことに憧れ、勤めていた仕事を退職しました。

学生時代にシンガポールに留学していたので、シンガポール移住を決意し、現地で仕事をすることにしました。

シンガポールで仕事をしていた期間は、約2年です。

シンガポールでの仕事は現地の友人からの紹介で、主に日本の企業に輸出をしている会社に正社員として勤務しました。タイミングよく日本人の求人募集をしている会社に就職できたので、運が良かったと思います。

しかし、現地では英語が必須です。私は留学経験があり、ある程度英語が話せると思っていたのですが、英語力のなさを痛感しました。

仕事で使う英語は専門用語も多く、理解するのに苦労しました。また、電話対応などで会話がスムーズにできないと相手を困らせてしまうので、やはり英語のスピーキング力は必要です。そのため、

シンガポールで仕事をすることを考えている場合は、日本である程度英語力を身に着けておくことをおすすめします。

シンガポールでは残業がほとんどない

シンガポールで仕事をしてみて一番驚いたのが、残業がほとんどないということです。

日本の会社で働いていたときはほぼ毎日残業していて、定時で帰ったことは数回しかありません。仕事が早めに終わっていても、周りの人が仕事をしていると帰れないような雰囲気がありました。

しかし、シンガポールではほとんどの人が定時で仕事を終えて帰っていきます。その日のうちにやらなければならない仕事以外は、翌日に持ち越すケースが多いです。

残業がほとんどないので、プライベートを充実させることも可能です。私の場合は仕事終わりにスーパーマーケットに出かけ、夕食の食材を買って帰宅したり、現地の友人たちと食事に出かけたりしていました。

日本では仕事に追われる日々を過ごしていたので、仕事終わりにゆとりある時間を過ごせることがとても新鮮でした。

仕事仲間との飲み会が少ない

シンガポールで仕事をして気づいたのが、仕事仲間との飲み会があまりないということです。

私が日本で金融機関に勤めていたときは、職場の上司や同僚との飲み会が多く、週に数回出かけていました。しかし、シンガポールでは前述のように定時に仕事を終えて帰る人が多く、飲み会もほとんどありません。

同じ職場で家庭がある人は家族との時間をとても大切にしていて、まっすぐ家に帰っていました。また、歓迎会や送別会のような会社のイベントも自由参加なので、非常に楽です。ただ、飲み会が少ないことから会社の上司や同僚とのコミュニケーションの場が少なく、関係性を構築するには時間がかかりました。

シンガポールの職場には、日本人が私を含め2人しかいませんでした。

そのため、自分から積極的に上司や同僚にアプローチしていかないと孤立してしまいそうで不安でした。仕事の人間関係で悩むのは嫌だったので、私は上司や同僚とランチに行ってコミュニケーションを図り、関係性を構築しました。

もし、日本人が少ない会社で働く場合は、自分から積極的にコミュニケーションを図るよう、心がけた方が良いと思います。

仕事に対して熱心な人が多い

シンガポールで働いている人は、仕事に非常に熱心です。

基本的に残業をしないので、限られた時間で仕事を終えるためにテキパキと仕事をしている印象を受けました。

また、仕事で成功した人ほど高い評価を受けます。

その一方、成果が出せない人は良い仕事を与えられず、必要がないと判断されると簡単に会社を辞めさせられてしまいます。

同じ職場で働いていた人がふと気づいたときにいなくなっていて、驚いたことがありました。

正社員としてシンガポールで働きたいと思っている場合は、仕事に真剣に取り組むことが必要不可欠だと感じました。

シンガポールで仕事するなら英語力は必須

シンガポールでの仕事は、残業がほとんどありません。

そのため、私は日本で仕事をしていたときよりもプライベートを充実させることができました。

仕事とプライベートのメリハリをつけたいと思っている人には非常におすすめです。

また、仕事熱心な人も多いので、とても刺激を受けます。

しかし、シンガポールで働く場合は英語力が必要不可欠ですから、事前に身に着けておくことをおすすめします。

参考:海外移住を考えている人に適した英語の勉強方法について

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は