シンガポール移住の際の仕事事情とは

シンガポールの仕事

シンガポールは世界の中でも治安の良さは最高水準であり、アジア経済の中心としても注目されている国です。

そのため日本人の移住先として人気がありますが、現地での仕事事情も把握しておきたいところです。

では、日本人がシンガポールで働くためには、どんな仕事があるのでしょうか。

またシンガポールで仕事をするメリットやデメリットなどは、どんなものがあるのでしょうか。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポールで日本人が出来る仕事とは

シンガポール移住した際の仕事には、日系企業で働く場合と外資系企業で働く方法があります。

シンガポールには日系企業も多く進出しており、英語や中国語など語学に自信がない場合は、こういった環境で働くことをおすすめします。

日本人が採用されやすいのと、日本で働く環境とさほど変わらないので、シンガポールで最初に働く際にも適していると言えるでしょう。

しかし語学スキルがなかなか伸びないといったデメリットもあるので、注意が必要です。

一方ある程度語学スキルがある場合は、外資系企業で働くことで自身のスキルを生かしつつ、キャリアアップも望めます。

シンガポールで有名な企業には、不動産業や金融業、通信業や医療関係など様々な分野があるので、経験ある分野の仕事を見つけやすいのではないでしょうか。

語学に自信がない場合でも、英語や中国語を渡航前にしっかり学んでおくと、シンガポール移住した際に仕事の幅も広がります。

シンガポールで働くメリットデメリット

シンガポール移住での仕事には、当然メリットやデメリットもあります。

まずメリットですが、シンガポールは様々な国の人が集まって生活している国であるため、多国籍な環境で働けることが挙げられます。

こういった環境で仕事をすると、語学スキルはもちろんのこと多国籍な人脈が築けたり交渉力がアップしたり、キャリアアップにはとても適していると言えるでしょう。

逆にデメリットは、現地就職の難易度が少し高いといったことがあります。

シンガポールは所得コストが高い国の一つですが、そういった国は一般的に就職の難易度が高い傾向です。

また管理職の求人が少ないのもデメリットです。

日本人が就職しやすい日系企業では、日本からの赴任者が管理職を務めていることが多く、現地外資系企業でも様々な国の人をマネージメントできるような高い英語力がないと、管理職として出世しにくい傾向にあります。

事前準備はしっかりしておこう

「シンガポールで働きたい」という気持ちが高まり、今すぐにでも移住をしようと考える前に、しっかり準備しておくことが大切です。

ある程度英語の勉強はしておくと、現地で困ることも少なくなります。

求人傾向をチェックするのと同時に転職エージェントに登録しておけば、自分に合った求人に出会えるチャンスも増えます。

そして応募したい企業が見つかったらすぐに応募できるように、履歴書も作成しておきましょう。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は