移住先シンガポールの定番名物料理を堪能しよう

シンガポールの定番料理

その国の郷土料理を満喫することも、移住の楽しみのひとつです。

様々な民族が集まっており多文化国家であるシンガポールは、料理もインド系やマレー系、中華系など様々な料理を楽しむことができます。

今回はその中でもシンガポールの名物料理と言われているものを紹介します。

シンガポールへ移住する前にチェックしておきましょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

ハイナンチキンライス

シンガポールを代表する料理といえば、まずは何といってもハイナンチキンライス(海南鶏飯)です。

中国海南島の移民が伝えた料理と言われているハイナンチキンライスは、鶏のあぶらで炒めた白米を鶏から取ったスープで調理したご飯に、蒸し鶏やチキンスープを添えたものです。

あっさりとした味わいは日本人の舌にもよく合います。

フードコートや屋台などで手軽に味わうことができます。

バクテー

シンガポールの朝食として人気があるソウルフードが、バクテー(肉骨茶)です。

骨付きの豚肉を様々な漢方や香辛料、ニンニクなどで煮込んだスープ料理となっています。

口の中でほろほろと崩れる柔らかいお肉とピリッとコショウが効いたさっぱりとしたスープが特徴です。

ラクサ

シンガポールの定番麺料理なら、ラクサは外せません。

ココナッツベースの濃厚なピリ辛スープが癖になる麺料理です。

中には米粉の麺の他、エビや魚のすり身やもやし、揚げ豆腐などたくさんの具材が入っていて食べ応えがあります。

具材や見た目はお店により異なりますが、豚肉がスープや具材に使われていないところは共通しています。

麺は短く切ってあり、箸ではなくスプーンで食べます。

屋台やフードコート、有名ホテルなど様々なところで食べられるので、様々なシーンに対応している料理でもあります。

ラクサのインスタント麺もあり、自宅でも手軽にいただけます。

チリクラブ

カニを丸ごと茹でて甘辛のチリソースをたっぷりかけたチリクラブは、シンガポール観光客にも人気のある名物料理です。

ほとんどのシーフードレストランのメニューにあり、地元の方やシンガポール移住者にも長く愛されています。

マントウ(饅頭)と呼ばれる揚げパンと一緒に食べるのが一般的です。

食が充実しているシンガポール

食事の大半を外食で済ませる方が多いシンガポールは屋台や飲食店がたくさんあるので、移住後はあまり料理をしたくない方でも外食には困りません。

また、多文化で様々な料理が楽しめますから、食が合わないという心配も少ないです。

食が合うかどうかは移住をする上で重要なポイントのひとつですから、その点でもシンガポールは安心です。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は