シンガポール移住と日本食

シンガポールでの日本食

仕事の関係をはじめ、将来の生活を考えて、日本ではなく海外に移住することを考えている人は数多くいます。

そのような人々の中の選択肢として注目を浴びている移住先がシンガポールです。

シンガポールは、治安もよく、多くの日本人が在住している地域といえます。

そのようなシンガポールに移住する際に気になることが食事でしょう。

シンガポールと日本食の事情について紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポールで日本食を食べるには

シンガポール移住で気になる点のひとつは、日本食や和食を食べることができるのかということでしょう。

食生活が大幅に変化することは、大変なストレスとなり、長く海外で暮らす人の中には日本食がとれないことで海外移住を断念する人もいるほどです。

シンガポールは東南アジアにある洗練された町が特徴の国です。

治安もよく、在住日本人はおよそ4万人と世界で11番目に日本人が多い国としても知られています。

多くは駐在員とその家族であるため、シンガポール移住者の数自体は少ないですが、日本人が多いことに変わりありません。

そのため、日本食レストランが急増しています。

日本食飲食店数は、1000件を超えており、その種類も豊富です。

和食のレストランもあれば、日本のファストフードを提供する店舗もあります。

本格的な和食料理店のほか、牛丼チェーン店や居酒屋、定食屋にラーメン店までそろっており、レストランから屋台、フードコートで気軽に日本食を楽しむことが可能です。

食事で困ることは少ないでしょう。

シンガポールでの日本食の自炊

シンガポールで、日本食を自炊するとなると、日本食の食材を手に入れなければなりません。

シンガポールの食料自給率は低く、ほとんどを輸入に頼っています。

そのため、おおよその食材をそろえることができる一方で、新鮮さでは劣ることもあるので注意が必要となります。

野菜は少し新鮮さが足りないと感じることもあるかもしれません。

また、豚肉や鶏肉、魚などは、基本的にブロック販売です。

日本のように薄切りや駒切りで販売されていることは少ないです。

日本と同じような食材や販売形態で購入したい場合には、限られた日系スーパーに行かなければなりません。

新鮮な食材も同様で、魚を生食をしたい場合には日系の鮮魚を扱うスーパーで購入する必要があります。

価格は一般よりも高くなるでしょう。

シンガポールのキッチン事情

シンガポールは基本的に外食文化が根付いています。

自宅で自炊する人は少なく、屋台やフードコートで安く食事をする人が大半です。

このことから日本食を外食する際には困りませんが、日本食を自宅で自炊する際には工夫が必要となります。

キッチンに換気扇がついていないことがほとんどなので、焼き魚などの煙が発生する調理をする際には注意が必要です。

シンガポールで日本食を楽しもう

シンガポールは、治安もよく都市機能も充実した住みやすい地域です。

日本人も多く在住しており、日本食を取り扱うレストランや屋台にフードコートは急増しています。

本格和食からファストフードまでそろっているので、シンガポール移住で日本食に困ることは少ないでしょう。

ただし、自炊する場合には日系のスーパーに行かなければ材料が手に入らないこともあります。シンガポールの食事情を知り、日本食を楽しんでください。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は