子育て世代必見!気になるシンガポールの病院事情とは?

シンガポールの病院事情

子どもを連れて海外に住むとなると、心配になるのが、その国の病院事情ではないでしょうか。

私自身、当時まだ10ヶ月の息子を連れて、夫の赴任先のシンガポールへ行くことになったとき、真っ先に頭に浮かんだのは、病院のことでした。

現地で2年間過ごした私が実際に体験した、シンガポールの病院事情を、今日はご紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポールの病院ってどんな感じ?

シンガポールには、現地の方が通う病院のほかに、私たち日本人には日本人向けの病院がいくつかあります。

日本人向けの病院には、日本人の先生がいて、待合室には日本語の雑誌や絵本などが置いてあります。

「ここは日本だっけ!?」と錯覚するほど、とても見覚えのある、日本的な空間です。

はじめての子育てで、ただでさえ不安なときに、日本にいたときと同じように、日本語でしっかりと相談できる先生がいてくださって、私は本当に心強く感じました。

ちなみに看護師さんや受付の方は、日本の方と、現地の方と、半々くらいの印象。

現地の方でも、日本の病院事情をよく知っていらして、日本人との関わりに慣れていらっしゃるので、まったく問題ありませんでした。

予防接種や健康診断はどうする?

子どもの予防接種や健康診断も、基本的には日本と同じように病院で受けることができます。

ただ、細かい話ですが、1歳頃に受けるMRワクチン(麻しん+風しんワクチン)に関しては、当時シンガポールでは取り扱いがなく、MMRワクチン(麻しん+風しん+おたふくかぜワクチン)になり、「おたふくかぜ」も混ざっていました。

親がきちんと把握していれば問題ないですが、よくわかっていないと、帰国後に「あれ?おたふくの予防接種受けたっけ?」と混乱しかねないので、少し気に留めておいたほうがよいかもしれません。

とはいえ、日本で使っていた母子手帳に、予防接種の記録もそのまま記しておいてくださるので、帰国後もとても助かりました。

救急のときは?

実は息子が2歳のときに、夜間救急にお世話になったことがありました。

夜中に高熱が続き、とても苦しそうで、どうしたらいいのかわからず、おろおろ…。

すがるような気持ちで、普段お世話になっている日本人向けクリニックの「夜間相談窓口」に電話をしてみました。

すると、電話口で日本人の方が対応してくださり、提携している現地の病院に救急の予約を入れてくれて、その後どうしたらよいかを丁寧に教えてくれたのです。

夜間の子どもの体調不良で不安な中で、とても安心したのを覚えています。

まとめ

シンガポールには、子育て中のパパママも安心の病院環境が整っています。

日本人向けクリニックは、もうまるで日本にいるかのような空間で、夜間救急の相談にも乗ってもらえます。

小さなお子様連れでシンガポールへ住むことを考えていらっしゃる方も、ぜひ安心して行っていらしてください。

日本で使っている母子手帳もお忘れなく!

この記事を書いた人

30代後半女性。
シンガポールで2014年から2年間、夫の駐在に伴い0歳の息子と移住。
現在は日本で主婦をしながら副業としてライターのお仕事をしています。
得意なテーマはシンガポール移住の「子育て」に関することです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は