シンガポール移住では子育てしやすい?しにくい?

シンガポールは子育てしやすい?しにくい?

子どもも一緒に海外に住むことになると、果たしてその国は子育てしやすい国なのか、とても気になりますよね。

生後10ヵ月の息子と一緒にシンガポールへ渡った私は、シンガポールの子育て環境に驚きました。その理由を、今日は詳しくお伝えします。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

とにかくみんなが優しい

シンガポールで子どもを連れていると、とにかくみんなが優しいことに驚きます。

電車では、子どもを連れて乗り込んだ瞬間に、必ず誰かがさっと立ち上がって席を譲ってくれるのです。

子どもを抱っこしているときだけではなく、なんとベビーカーを押しているときでさえ!譲ってもらった席に座ってベビーカーを掴んでいるだけ、という状況に、なんだか申し訳ないような気持ちになることもよくありました。

学生さんもサラリーマンも、ちょっと強面なお兄さんでさえ、さっと立ち上がってくれます。

なんなら、「いないいないばぁ」をしてくれることもよくあります。

日本では、子連れで電車に乗るだけで、「迷惑かけたらどうしよう…」とビクビクしていたものですが、シンガポールではみんなの優しさのおかげて、ゆったりした気持ちで、安心して電車に乗ることができました。

設備面が整っている

レストランやカフェなどでは、たいていのお店に子ども用のイスや食器が用意してあります。

日本にいた頃は、読書や仕事をしている人も多いスタバに、子どもを連れて行こうという発想が、私にはありませんでした。

でもシンガポールのスタバには、子ども用のイスや子ども用のサービスメニューが用意されているんです。

とはいえもちろん、子どもが泣き出したり、騒ぎ出したりしたら、迷惑にならないようにと、やはり気は使います。

でも、子ども用のイスなどを用意してくれているということは「子連れもOKですよ!」と言ってもらえているようで、とても嬉しく、息子と一緒にスタバタイムを何度も楽しませてもらいました。

みんなで子育て

シンガポールでは、子育て世代はほとんどの家庭が共働きで、平日に子どものお世話をするのは、祖父母やメイドさんという家庭がとても多いです。

町では、ベビーカーを押しているおじいちゃん、おばあちゃんを本当によく見かけます。

そのせいか、「子育ては社会みんなでするもの」という意識が強いように感じます。

その意識が、電車での子連れに対する優しさや、お店での子どもへの対応などにつながってくるのかもしれません。

子育て中に日本で感じる、「申し訳なさ」「窮屈さ」「孤独感」をシンガポールで感じたことは一度もなく、なんて子育てしやすい国なんだろうと感激しました。

まとめ

シンガポールは、子どもに関して寛容で、日本と比べてとても子育てがしやすい国だと感じました。

子育てが大変な、息子が小さい時期をシンガポールで過ごすことができて、私はむしろ良かったと思うほどです。

小さいお子さんを連れてシンガポールへ移住予定の方も、安心して楽しんできてください。

この記事を書いた人

30代後半女性。
シンガポールで2014年から2年間、夫の駐在に伴い0歳の息子と移住。
現在は日本で主婦をしながら副業としてライターのお仕事をしています。
得意なテーマはシンガポール移住の「子育て」に関することです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は