シンガポール移住で知っておくべき交通事情

シンガポールの交通

赤道に近い場所で一年を通して暖かい気候の中で過ごすことができるシンガポールは、レジャーはもちろん、移住先としても人気があります。

日本から移住を希望する人も多くいますが、生活をするに当たって知っておかなくてはいけないのが交通手段です。

そこで今回は、シンガポールの主な交通手段について詳しく紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

複数の路線から選択することができる電車

シンガポールは交通手段が充実していて、いくつかある選択肢の中でも特に利用者が多いのが電車です。

MRTと呼ばれる鉄道が東西南北、環状線と5路線通っています。

シンガポールの主要エリアの大半をカバーしていることから、通勤や通学はもちろん、プライベートの足としても活用できるのが魅力です。

日本と同じように切符とICカードの2種類の方法で清算ができるので、シンガポール移住をしたばかりの人でも気軽に乗ることができます。

電車でカバーできない場所への手段に最適な路線バス

電車と並んでシンガポールの移動手段として人気となっているのが路線バスです。

日本と同じように手頃な価格で乗車できるだけでなく、電車ではカバーできない駅から離れた住宅街などにも気軽に行けるのが特徴になります。

ただし、日本と違って決められたバス停にその都度停車する形ではなく、利用者が走っているバスに手を挙げて合図をして停めてもらうのが特徴です。

料金の精算についても、車内でお釣りのやり取りができないため、現金での清算は金額をピッタリ支払わなくてはいけません。

こうした問題を解決してくれるのがシンガポールツーリストパスと呼ばれる定期券です。

使い方は事前に希望する金額分を購入して、乗車する時にカードリーダーにタッチさせれば清算が完了します。

このパスは前述した電車にも利用できるので、公共交通機関を頻繁に使う場合に最適です。

驚くほど安くて便利なタクシー

タクシーもシンガポールでの重要な移動手段の一つに挙げられます。

タクシーというと日本では乗車料金が高いというイメージを持たれがちですが、シンガポールでは驚くほど安いのが特徴です。

初乗りから1kmまで250円前後、その後は400mごとに20円前後の加算となっているため、長距離の移動でも出費は多くなりません。

ただし、朝夕のラッシュ時間は混雑によって時間が掛かるケースもあるので注意が必要です。

目的地の合わせて使い分けることがコツ

シンガポールの主要移動手段となる電車、バス、タクシーはどれを選択しても乗車料金に大きな違いが出ないのが特徴です。

ただし、目的地までの距離や利用するタイミングによって所要時間が変わります。

シンガポールで乗り物を利用する時は、時間帯や目的地に合わせてその都度最適な選択をすることがスムーズに移動する秘訣です。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は