タイ移住のメリットとデメリット

タイ移住のメリットとデメリット

タイは微笑みの国として知られ、日本から移住したい国として人気です。

日本でもタイ料理が浸透しているため、タイに親しみを持っている日本人は少なくありません。

また、老後の移住先としてタイを選ぶ人も多いです。

老後でも住みやすいのはタイの特徴でしょう。

ここではタイに移住するメリットやデメリットについて解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

タイに移住するメリット

タイ移住のメリットとして大きいのが物価が安いことです。

家賃、飲食費、交通費などが日本とは比べ物にならないくらい安いです。

特に飲食費は外食をしたとしても、1食200円以下にすることもできます。

タイでは外食した方が安いため、家で自炊する人が少ないです。

毎日外食をしたとしても、日本人の感覚ではかなり安く感じるでしょう。

また、国別在留法人が多いこともメリットです。

7万人以上の日本人が住んでいるため、日本企業の進出も進んでいます。

有名牛丼チェーンや日本でよく見るドラッグストアなどもあります。

タイで暮らしているのに日本と同じものを買えることも多いです。

他には年中暑いのでTシャツだけで生活できることもメリットでしょう。

衣料費が少なく済みますし、衣替えなどの手間がかかることもありません。

さらに、親日家が多いこともメリットです。

ODAで作られているものが多くあり、日本に親近感を持っているからです。

日本人だと分かるとタクシーで親切にされることも少なくありません。

タイに移住するデメリット

タイに移住するデメリットは渋滞が多いことです。

車の渋滞は日本の渋滞よりもひどい場合があります。

渋滞が日常的に起こるため、車を諦めてバイクタクシーを利用する人も少なくありません。

また、ゴキブリなどの虫が多いこともデメリットでしょう。

亜熱帯の気候はゴキブリにとっては天国です。

タイではまだ指定日にごみを出す習慣が根付いていないため、ごみは道端に積み上げられています。

そのごみがゴキブリなどの食料になっています。

他には衛生環境が悪いこともデメリットかもしれません。

日本では上下水道が整っているため、水を飲んでお腹を壊すことはほとんどないです。

しかし、タイでは水を飲んでお腹を壊すことが少なくありません。

タイに移住するときのメリットやデメリットのまとめ

タイに移住するときに物価が安いことはメリットです。

日本より安い値段で毎日外食することも夢ではありません。

日本人も多く住んでいて日本企業が進出していることも住みやすい理由です。

一方、渋滞が多いことや衛生環境が悪いことなどはデメリットです。

このようなメリットとデメリットを比べてみると、タイに移住する時の参考になるでしょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は