タイ移住後の仕事について

タイの仕事

タイに移住したあとに働きたいと考える人は多いかもしれません。

タイでの仕事はオンラインで面接などができるため、現地に入らなくても就職することはできます。

就職できればビザなどの問題も解決できるケースが多いです。

そんなタイでの就職先として多いのは日系企業です。

ここではタイへの移住後の仕事について解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

就職先は日系企業がほとんど

タイ移住後に仕事をする日本人のほとんどは日系企業で働きます。

日本語を操れるというアドバンテージがあるからです。

タイへは多くの日系企業が進出しているので、需要は少なくありません。

日系企業は社会人経験などがあると就職しやすいですが、未経験の人や特殊な能力がない人などは就職するのが難しいです。

特にPCスキルや日常マナーなどの基本的な部分が足りていることが働く条件になっている場合も多いです。

また、言語能力が高い人は重宝される傾向にあります。

英語やタイ語などを話せると、評価が高くなるでしょう。

言語能力が高くさらに経験や特定の能力などがあると、報酬も高くなります。

能力が重視されるため、年齢が高くても需要はあります。

シニア層であっても能力が高ければ企業から高評価を受けることも少なくありません。

平均給与は日本よりも少し落ちますが、タイの物価を考えれば快適に過ごせるでしょう。

非製造業が増えている

タイでの日本人の仕事は製造業がほとんどでした。

特に自動車産業の工場などは需要が多かったです。

しかし、様々な分野の製造業が進出すると日本人への営業の仕事なども増えてきたのです。

日系マーケットへの営業の仕事は需要が高く、様々な企業が求人を出しています。

他にはロボットメンテナンス、セールスエンジニア、ソフトウェアエンジニア、電気設計などの仕事も多くなっています。

特にデジタル化の流れでIT系の企業がタイに進出してきているため、エンジニアの需要は高くなっていくでしょう。

さらに、プロジェクトマネージャーも需要が高いです。

プロジェクトマネージャーは現地での開発を統括する立場です。

タイでシステムを開発するなら、プロジェクトマネージャーが現地にいた方が都合がいいからです。

このように非製造業もタイでは仕事の需要が増えています。

タイ移住後の仕事についてのまとめ

タイへの移住後には日系企業で働く人が多いです。

日本語というアドバンスがあるため、日系企業だと採用されやすいからです。

能力があれば給与は日本と同じくらいもらえる可能性があります。

また、移住後に働く先は製造業が多かったですが、非製造業も増えてきます。

特にIT系の仕事はデジタル化の波に乗って多くなっていくでしょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

タイ移住の「仕事」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は