タイ移住における現地の交通手段について

タイの交通手段

タイへの移住を考えた場合、最も心配となることが移動手段です。

これは生活に関わることですから、移動手段にはどのようなものがあるかを知る必要性があります。

この記事ではそうしたタイに移住をした場合において、どのような交通手段を用いて各都市部を移動することが可能であるかを解説していきます。

陸路は主に何があるか、水路は何を使用するかを理解することで現地での生活において利点となるよう解説します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

都心部の移動であれば鉄道が主な移動手段

タイ移住において、都市部間の移動を必要とする場合は、鉄道が主な交通手段になります。

というのも、タイは、首都のバンコクを結ぶlineに鉄道を配置したことで都市部間の鉄道を利用しての移動を可能としたため、主な交通手段は鉄道なのです。

ただ、都心部においてはこの他にもバスの他自転車やバイクを利用したタクシーも存在しており、ほんの少しの移動においてはバスやタクシーという選択肢もあります。

鉄道は、様々な都市を結んでいるという性質上、いろいろな都市部へ繰り出すことが出来るのが利点です。

川沿いに住む場合は船が移動手段となる

タイはバンコクにおいては有数の河川を有しており、タイ移住、において陸路と水路を利用して交通の手段とすることが出来ます。

その為川沿いに住む場合においては輸送船を利用するという手段もあるのです。

ここで言う輸送船とは、日本で言うフェリーのことを指し、船で移動することで目的地となる都市部間を移動することを意味します。

鉄道では移動できない都市へと繰り出す際利点となる移動手段の一つが、輸送船による水路を利用する移動です。

バスによっては運賃が無料なのもある

タイでは大勢の方を目的地に移動させるための手段としてバスを国が運航することで、大勢の利用者の方を目的地に送り届ける事業を担っています。

その為、タイ移住において使いこなせることが出来ればどこにでも移動することが出来る交通手段がタイの市バスと国営バスです。

特に国営バスは長距離移動を可能としているバスでトイレを有している車両もあり、賃金こそ取られますが都市間を移動する際に非常に有効な交通手段です。

もちろん、周囲を簡単に移動する市バスを利用すればちょっとした都市間を移動することも可能であるため、使いこなすことが出来れば大いに移動手段として機能します。

移住先のタイにおける移動手段

タイにおける移動手段は陸路と水路が主で、鉄道の他バス、輸送船を利用することも可能です。

もちろんタクシーも非常に多くの会社が存在しており、タイにおいては自動車に限らずバイク型のタクシーも存在しており、移動手段として機能しています。

川沿いであれば、輸送船を利用して都市間を移動することも可能であるため、タイは移動手段である交通網の選択肢は多いと見てよいです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は