タイのスマホ事情と契約方法

タイのスマホ事情

時代の移り変わりの中で携帯電話は日常生活をより快適な物にしてくれる便利なツールとなっていますが、普及率や利用できる環境は国によって様々です。

特に海外に移住をする場合には日本との違いをしっかりと理解しておくことが必要です。

今回は、タイのスマホの普及率を紹介すると共に、携帯会社との契約方法について解説していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

タイにおけるスマホの普及率

東南アジアの中でも有数のリゾート地として人気の高いタイでは、携帯電話の普及率が増加傾向にあります。

日本のスマホの普及率が90%前後なのに対してタイは80%前後です。

数字だけ見ると少ない印象を受けますが、タイの人口は日本の約半分の6900万人程度しかいないため、日本以上に普及している計算となります。

平均利用時間も日本の2倍以上と言われていて、年齢を問わず多くの人がながらスマホの状態で移動をしているのが特徴です。

主な携帯会社と利用料金の相場

日本に独自のキャリアがあるように、タイにもその国ならではのキャリアが存在します。

タイで利用されている主な携帯会社はAIS、Dtac、Trueの3社です。AISは国内でいち早く5Gを取り入れた会社で、3社の中でトップのシェアを誇っています。

業界2位のシェアを誇るDtacは利用プランの豊富さが特徴です。

料金の安さやサービスの充実などプランにこだわりがある人に最適と言えます。

Trueは携帯以外にケーブルテレビやブロードバンドなど幅広く事業を展開していて、これらのサービスと連携して使いやすいのが魅力です。

対応エリアは3社共に大きな違いはありませんが、郊外での生活する場合にはAISやDtacが良いと言われています。

月々の利用料金は会社によって若干の違いがありますが、平均で3000円前後です。

プランの選び方次第で3Gの容量で月々1500円程度の金額で利用することもできます。

携帯電話の契約方法

携帯会社の契約方法は日本と変わりはありません。

希望する会社の店舗や家電量販店の窓口、インターネットから申し込みをして手続きをする形となります。

ビジネスなどで一時的な滞在では基本となるクレジットカードや身分証明書のほかに、ワークパーミットと呼ばれる労働許可証やパスポートが必要です。

タイ移住で契約をする人はこれらの書類は必要ありません。

自分に合ったプランを見つける

携帯電話を契約する上で、様々なプランの中から自分に最適な物を見つけるという点は日本もタイも変わりはありません。

普及率と共に月額料金も安くなっているとはいえ、会社によって若干の違いはあります。

例え数千円でも長く使い続ければ差額は大きくなるので、不要なオプションを付けないなどの工夫で金額を下げることが大切です。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は