タイ移住をするなら知っておきたい「食」のこと!タイにはどんな料理がある?

タイの料理

海外に移住することを考えると生活習慣や治安も気になりますが、食事も大切なポイントです。

エスニックな風味の虜になる人が多いタイの料理。

世界的に有名なトムヤムクンなどは知っていても、ほかにどのような料理があるのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、タイの料理について紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

タイの料理の特徴

タイ移住をするなら、まずはタイの料理の特徴についてチェックしておきましょう。

唐辛子を使用することが多いのタイの料理はスパイシーなものが多いのが特徴です。

また、ナンプラーやハーブもよく使われるので、エスニックな風味の料理になります。

ナンプラーは日本では魚醤と呼ばれており、魚を発酵させた醤油のような調味料でタイ料理には欠かせないものです。

ハーブは日本でもファンが多いパクチーを入れるのが定番になっています。

ほかにも酸味や甘み、塩味が加わり全体的に濃いめの味付けになるので、さまざまな味が混ざり合いクセになってしまう人が少なくありません。

タイの料理は地域によって違う!?

タイの料理は地域ごとに特徴があります。

例えば、タイ北部ではもち米を食べる習慣があり、料理に砂糖を使うという習慣がなくマイルドな味付けが多いのが特徴です。

一方、東北部にはスパイシーで濃い味付けの料理が多く、バッタや赤アリといった珍しい食材も食べられています。

中部は外国の食文化の影響を受けている料理が多く、甘さと辛さ、酸味のバランスが良いのが特徴です。

南部では辛みの強い魚介類の料理がよく作られています。

唐辛子を使用するうえに胡椒も追加されるので、辛い料理が好きな人にはたまらないでしょう。

知っておきたい代表的なタイの料理

タイを代表する料理といえばトムヤムクンです。

世界三大スープとも呼ばれ基本的にはエビが使われますが、魚や肉を入れることもあります。

バンコクなどの都市部では日本では味わえないトムヤムクンがあるので、現地ならではの味を楽しみましょう。

また、タイはカレーも有名です。

インドや日本のカレーとは少し違い、複数の唐辛子に調味料やハーブを加えて作ります。

スープのようなサラッとした液体で「グリーンカレー」「レッドカレー」「イエローカレー」などがあります。

ちなみに、タイで主食として食べられているお米は日本のお米とは違い細長く、あっさりしているのが特徴です。

お米のほかに麺類もよく食べられており、太さや原料の違う「センミー」「センレック」「センヤイ」「バミー」という4つの種類が主に使われています。

タイならではの料理を楽しもう!

タイの料理は唐辛子がよく使われるので基本的にスパイシーな味付けが多いのが特徴です。

独特な風味のナンプラーやハーブも使われるため、日本の家庭料理では味わえないエスニックな仕上がりになります。

地域によっても少しずつ味付けが違うので、それぞれの味を食べ比べてみると新しい発見があるかもしれません。

代表的なタイ料理のトムヤムクンやカレーはもちろん、タイでしか味わえない料理も楽しみましょう。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は