リタイアメントプランにタイ移住を考える方が増えている

タイへのリタイアメント

老後の暮らしをタイで過ごす方が増えています。

生活風土が似通った部分もあり、少ない費用で生活を営めるタイは、年金収入で老後を過ごす方に人気です。

収入が途絶えた状態で豊かな暮らしを送るには、毎月の出費が少ないことが大切です。

ここでは、老後をタイで暮らすことを考える方に向け、タイでの生活の魅力と、移住にあたって必要となる手続き、暮らしに掛かる費用を紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

タイでの暮らしの魅力

タイは日本と行き来しやすい隣国として知られます。

現地には多くの日本人が住み、日本から進出した企業や飲食店も数多く見られます。

日本と生活風土が似通った部分と、月の生活費が安く済む部分もあり、老後を考える方にタイ移住を検討するケースが増えているのです。

リタイアメントプランを考える際には、収入が無くなった状態で満足できる暮らしが営めるのかがあるでしょう。

物価水準が日本の3分の1とも言われるタイであれば、老後に受給できる年金と自身の蓄えで暮らしていけます。

日本と遜色ない生活様式と食事がある点も、リタイアメントをタイで迎えることに抵抗を感じない方が多い理由です。

タイでの生活に掛かる費用

タイでの暮らしは、日本よりも少ないコストで営めます。

日本では高級物件に位置するコンドミニアムであっても、タイであれば数万円程度の家賃で借りることができるからです。

東京でアパートを借りるのと同程度の費用で、プール付きのマンションに住むことも可能です。

タイでの食生活は、外食で済ませる傾向が多く見られます。

和食を提供する店舗も少なくなく、数百円程度から食べることが可能です。

電気代や通信費などの光熱費に関しては、日本での暮らしと相違はありません。

生活の基本である家賃と食費が安いことが、収入がないリタイアメントプランに相応しいと人気なのです。

タイ移住の際に必要な手続き

タイ移住を進めるためには、リタイアメントビザを取得する必要があります。

申請にあたっては、パスポートなどの身分証明書類を準備すること以外に、タイで定住所を得ること、資力を証明することが必要です。

リタイアメントビザの申請はタイ国内で行います。

コンドミニアムなどの住居を借り受けた後に、銀行預金の残高や年金受給額などの資力を証明する書類を備えて手続きを行います。

タイでの生活は老後の暮らしを豊かにする

タイでの生活は老後の暮らしを豊かなものとしてくれます。

日本の3分の1とも言われる物価と、多くの日本人に囲まれた暮らしは、収入が無くなった老後の暮らしであっても、日々を楽しく過ごせるからです。

移住にあたっては、タイでリタイアメントビザを取得する必要があります。

生活風土が似通った異国で、豊かな老後を送れるのです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は