インドネシア移住をするために取得出来るビザ

インドネシアのビザ

インドネシアに移住するためには、まずは長期滞在が可能なビザを取得する準備から始まります。

長期滞在ビザには幾つか種類があるので、自分に最適なビザを選んで手続きに入りましょう。

ここではインドネシアに長期滞在することの出来るビザの種類と、その取得方法について紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

ソシアルビザ

ソシアルビザとは、インドネシアでの文化交流を目的とした長期滞在が可能なビザのことで、大変人気のあるビザです。

このビザでは残念ながら就労が出来ませんが、一度取得すると60日間の滞在ができます。

その後はインドネシア国内で30日間の延長計4回まですることが出来、トータルで最大180日の滞在が可能です。

ソシアルビザの手続きには、インドネシア人の身元保証人が必要です。

また、ビザ自体はインドネシア国外の領事館で取得することになります。

そのため、出発前に日本のインドネシア領事館で取得をするか、既にインドネシアに滞在中の場合は近隣諸国などへ一度出国して、そちらの領事館で手続きすることになります。

初めてインドネシアに長期滞在される方は、ソシアルビザでプチインドネシア移住してみるのもおすすめです。

KITAS

有効期限が1年の移住許可証であるKITAS。

インドネシア移住が出来るビザの中で一番ポピュラーなKITASには、いくつか種類があります。

一般的なものでは就労ビザ、結婚ビザ、リタイアメントビザや留学ビザが挙げられます。

KITASの有効期限は1年ですが、4回までインドネシア国内で延長することができるため、合計で5年間滞在することが可能です。

こちらもソシアルビザ同様、インドネシア国外の領事館でKITASを取得する必要があります。

なお、KITASを取得するには膨大な書類と時間がかかりますので、多くの方はビザ代行エージェントを利用する方が多いようです。

KITASを取得すればインドネシア銀行口座が開設できる他、バイクや車の免許を取得することも出来ます。

外国人はインドネシアの土地を購入することは出来ませんが、KITASを取得することで有効期限が25年間の土地使用権を購入することが可能です。

ビザ取得はエージェントを利用すると便利

いかがでしたか?それぞれのビザには特徴があるので、自分に一番合ったビザを選びましょう。

何かとややこしいビザ申請で、初めは分からないことも多いかと思います。

そんな時はビザ代行エージェントなら、複雑なビザ申請のサポートを受けることが出来ます。

スムーズにビザを取得して、快適なインドネシア移住生活を送って下さい。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は