リタイアメントのためのニュージーランド移住

ニュージーランドでリタイアメント

仕事を引退した人が人生を過ごす場所としても、ニュージーランドは人気のある場所です。

ニュージーランドにはリタイアメントに最適なビザの制度があるので、仕事を辞めた人が安心して生活しやすくなっています。

ここでは、ニュージーランドでおこなわれているリタイアメント向けの制度について紹介するので、興味のある人は参考にしてください。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

リタイアメント向けのニュージーランドのビザ

仕事を辞めた人がニュージーランド移住を希望する場合、取得しなければいけないのが、現地に滞在するためのビザです。

ニュージーランドではリタイアメント向けのビザも発行していますが、ビザを取得するためには一定の条件を満たしている必要があります。

取得するための条件が多いのがテンポラリー・リタイアメント・ビザという種類のビザです。

これは、リタイアメントのために2年間ニュージーランドで生活できるビザですが、2年が経過したあとも条件を満たしていれば、更新することが可能です。

テンポラリー・リタイアメント・ビザを取得するための要件の一つが年齢で、66歳以上の人でなければ取得することはできません。

健康であることもビザを取得するための条件で、ビザを取得する場合にはニュージーランドの担当行政機関が指定する、特定の保健に加入する必要もあります。

テンポラリー・リタイアメント・ビザを取得するための経済的な条件

ニュージーランド移住のためにテンポラリー・リタイアメント・ビザを取得するためには、経済的な条件を満たしている必要もあります。

必要になるのは投資のための資金で、75万NZドルの資金が必要です。

このお金は、ニュージーランドの担当行政機関が決めた特定の団体などに投資されます。

ビザの有効期限である2年分の投資に利用される資金の総額です。

1NZドルを70円として換算すると、日本円で5250万円相当の資金が必要になりますが、為替レートによってはさらに多くの日本円が必要です。

テンポラリー・リタイアメント・ビザを取得するためには、毎年一定の額以上の所得も必要になりますが、これは働かないでも取得できる所得の額に限られています。

1年あたり最低でも6万NZドルの所得が必要で、これは1NZドル70円のレートの場合、日本円で420万円になります。

さらにニュージーランドで生活するための資金として50万NZも必要になり、全て合計すると1億円近い資産が必要になります。

リタイアメントのためのニュージーランドのビザ

ニュージーランドにはリタイアメントのための特別なビザがありますが、ビザを取得すれば2年間現地に滞在できます。

ビザを取得するためには条件を満たしている必要があり、保有している資産なども条件の一つです。

取得のための条件は多いですが、ニュージーランドは気候が良いので生活しやすいために、日本人にも人気がある国です。

興味を持たれた方は自分が条件に該当しているかどうか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は