シンガポールに住むなら知っておきたい食習慣

シンガポールの食習慣

シンガポール移住を考えているならば知っておきたいことがあります。

それは、宗教による食習慣の違いです。

これは、日本のような単一民族国家においてはあまり生活の中で感じることのない感覚かもしれません。

しかし、シンガポールは多国籍民族(中国系、マレー系、インド系)で構成される国家です。

他民族・他宗教の習慣を尊重し合って、別々のコミュニティで生活を営んでいるのです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

シンガポールの人々の生活

シンガポール移住を考えたときに、どのような生活が待っているのかみてみましょう。

シンガポールは共働き家庭が多いため、自炊の習慣はほとんどなく外食やテイクアウトが中心です。

3食すべてが外食というのも珍しいことではありません。

3食以外に軽い食事=サパーを楽しむこともあります。

そのため、外食産業が非常に発展しています。

ショッピングモールのフードコートや、ホーカーセンターと呼ばれる大衆向け屋台がそこら中にあり、早朝から深夜まで営業しています。

そこでは、アジア料理、西洋料理など世界中の美味しい料理が安価で楽しめるとあって、いつも賑わっています。

また、多民族国家ならではのシンガポール伝統料理に、プラナカン料理というものがあります。

これは、マレー諸島の中国系男性と地元の女性が結婚したことで生まれた、中国料理とマレー料理が融合したエスニックな味わいの料理です。

宗教上食べられない食材があっても、前述したホーカーセンターならばなんでもあるので、多民族国家であるシンガポールにはなくてはならないものです。

シンガポールの食習慣

多民族国家であるため、他民族・他宗教を尊重しながら、別コミュニティを構築しているシンガポール。

それは食習慣についても同様のことが言えます。

中国系は一部、牛肉やマトンを食べません。

また、マレー系のイスラム教徒は、豚肉・アルコール・デザート以外の冷えたもの・生ものを食べません。

さらに、インド系のヒンドゥー教徒は、牛肉や、デザート以外の冷えたもの・生ものを食べません。

またテーブルマナーとして、目上の人と食事をするときは敬うことが非常に重んじられるため、テーブルでは目上の人に従いましょう。

レストランではカトラリーが用意されている場合でも、マレー人やインド系の一部は右手だけを使い食事をします。

食前後には、フィンガーボールなどでしっかりと手を洗い清潔にしましょう。

違いを受け入れてくれる国、シンガポール

他民族の違いを受け入れ尊重してくれる国、シンガポール。

その移住を考えているならば、生活習慣や文化を知ることはとても重要なことです。

その中でも、食習慣は1日3度のことですから、なおさら重要であると言えます。

「郷に入ったら郷に従え」ということわざがあります。

まさしく、文化や習慣の違いを知り従うことは、その場所や国を理解し敬うことに他なりません。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は