オーストラリアの教育制度。移住の前に考えよう

オーストラリアの教育制度は?

オーストラリア移住の条件を満たす学位や学歴とは?

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

オーストラリアの教育制度について

さまざまな国々からやってきた移民で構成される多民族・多文化国家のオーストラリアの教育制度は州ごとにより異なりますが、基本的にはイギリス型で日本のような6・3・3制とは異なります。

year 1からyear12までの学年生で、初等教育はyear 1からyear 6までがプライマリースクールで、中等教育はyear 7からyear12までが日本の中学1年生から高校3年生にあたるセカンダリースクールになります。

さらにセカンダリースクールのyear7からyear10までがジュニアセカンダリー、year11とyear12がシニアセカンダリーとなり、義務教育はyear10までです。

義務教育を修了して更に進学する場合

VET(Australian Vocational Education and Training)と呼ばれる高等専門学校で観光やコンピューター、医療、福祉など様々な分野の専門教育を学びます。

また、大学進学を目指す学生はシニアセカンダリーに進み、そこで2年間、一般教育を学び大学進学に備えます。

オーストラリアのプライマリースクールとセカンダリースクールでは4学期制の完全週休2日制を採用し、新学期は1月に始まり12月に終了、各学期は10週間で学期間には2~3週間の休みがあります。

セカンダリースクールに進みますと、課程が終わる直前に州共通の統一資格試験を受けます、この試験とこれまでの成績が大学進学に大きな影響を与え、この結果で希望の大学に進学できるかが決まります。

オーストラリアには40ほどの大学があり、そのほとんどが公立で大学院が併設されて、学士号取得までは3年です。

日本で言う一般教育はセカンダリースクールで終了しますので、基本的には1年次から専門科目を履修し、その教育水準は徹底管理され一定に保たれています。

絶対数の少ない大学ですがThe Group Of Eight と呼ばれるグループでオーストラリア国立大学、シドニー大学、メルボルン大学、ニューサウスウェールズ州立大学など世界大学の上位にランキングにランクインしているのもこの国の大学教育水準の高さを示しています。

大学の特徴

・オーストラリアの大学生の約20%は留学生で国際色が豊かです。

・ほとんどの大学は3年制、2学期制を採用して1月に始まり12月に終了、7月と12月に長期休暇があります。

・授業は日本と同じ様に大きな教室で行うレクチャーもありますが、少人数で行うチュートリアル方式が基本で受身的な授業でなく、学生が積極的に参加して質問や議論をします。

・大学の費用は一般的に年間200万円ほどですが、学費は大学や学部により異なりますので、事前に確認する必要があります。

・オーストラリアの大学を卒業しますと2年程の就労ビザがおります。このビザを利用して長期就労ビザや永住ビザの申請が可能になります。

日本からオーストラリアの大学への留学

一般的な留学システムは、日本の高校卒業後ESL(事前英語集中コース)でファンデーションコースに入学するための資格を取得後、ファンデーションコースで1年間大学の一般教養課程を履修(ファンデーション入学基準IELTS4.5~5.5)、終了後大学に出願(IELTS6.0以上 希望の大学により異なります)

オーストラリアの教育制度は日本とは異なり、学費や生活費も高いですので事前にしっかりとした計画を立てる必要があります。

都市ごとの学校情報

キャンベラ(ACT:首都特別地域)

シドニー(ニューサウスウェールズ州)

パース(西オーストラリア州)

ホバート(タスマニア州)

アデレード(南オーストラリア州)

ブリスベン(クイーンズランド州)

ゴールドコースト(クイーンズランド州)

参考:外務省 諸外国・地域の学校情報

学校探しに役立つ参考サイト

外務省 諸外国・地域の学校情報

World University Rankings 2021 最新版

オーストラリア移民局

オーストラリアの学校リスト

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

オーストラリア移住の「教育」に関する記事

海外就職・転職で迷っている人は