オーストラリアに移住をしたら食べてみたい!地元で食べられるおすすめの料理とは?

オーストラリアの地元料理

海外で生活をする上で心配になるのが、食事です。

口に合う食べ物があるのか気になるという人もいるでしょう。

オーストラリアは、おしゃれなカフェやレストランがある反面、イギリス統治下時代から食べられている料理もあります。

そこで、今回はオーストラリアに移住をしたら一度は食べてほしいおすすめの料理をご紹介します。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

オーストラリア人の国民食「オーストラリアン・ミートパイ」

オーストラリアンミートパイ

2003年にニューサウスウェールズ州の首相を務めていたボブ・カーによって「国民食」となったのが、オーストラリアン・ミートパイです。

オーストラリア移住をしてきたイギリス系の移民が作った伝統料理で、ミンチにしたひき肉とグレービーソース、チーズといった具をパイ生地で包んでいます。

オーストラリアンミートパイは、屋台やファストフード店で販売されており、テイクアウトの定番メニューです。

オーストラリアの各地で食べられるので、お気に入りの味を見つけてください。

イギリス文化の象徴「フィッシュ・アンド・チップス」

フィッシュアンドチップス

オーストラリアにはイギリス風のパブも多く、ビールのおつまみとして食べられているのがフィッシュ・アンド・チップスです。

白身魚とフライとフライドポテトの組み合わせは、パブの定番メニューになっています。

テイクアウトもできるので、ビーチで海を見ながらフィッシュ・アンド・チップスを食べるのもおすすめです。

オーストラリアではタラではなくサメを使ってフィッシュ・アンド・チップスを作っているお店もあります。

オーストラリアならではの、フィッシュ・アンド・チップスも味わってみましょう。

アングロインド料理の代表「ケジャリー」

ケジャリー

オーストラリアでは、お米を使った料理も食べられています。

インドからイギリスに伝わった伝統料理のケジャリーは、オーストラリアでも定番のお米料理です。

スパイスの香りが特徴のケジャリーは、ピラフやチャーハンのような料理で、白身魚が入っています。

伝統的にはタラの燻製が使われますが、他の魚を使っても美味しく食べられます。

ゆで卵やパセリをトッピングすれば、ご馳走風に一品になります。

ケジャリーは自宅にある材料でアレンジもできるので、オーストラリア移住したら手作りに挑戦するのもおすすめです。

オーストラリアの伝統料理「ダンパー」

ダンパー

ダンパーは農場を旅する牧童のために作られた保存食で、ソーダブレッドという名前でも知られています。

小麦粉と重曹、水で作ったダンパーは、キャンプファイアーの残り火で焼きます。

そのため、キャンプで作られる料理の定番にもなっています。

また、オーストラリアの先住民族アボリジニーも作っており、フルーツやナッツを入れて焼いたものもあります。

オーストラリアでは、手作りをするだけでなくベーカリーでも販売しているので、移住した際はダンパーの食べ比べをしてみるのもよいでしょう。

オーストラリアは伝統料理が手軽に食べられる!

オーストラリアは、イギリスから渡ってきた料理が根付いてファストフードとして手軽に食べることができます。

伝統料理といっても、身近な食材で作られているものが多く、オーストラリア風にアレンジをしている料理もあります。

オーストラリアに移住をした際は、ビーチや公園で素敵な景色を見ながら、美味しい伝統料理を堪能してください。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は