シンガポールに移住した日本人に人気の職業トップ10

シンガポールの人気の職業

シンガポールは海外移住を検討している日本人から人気を集めている国で、日本人でも暮らしやすい環境が整っていることから家族で移住を検討している人たちからも支持されています。

そんなシンガポールには日本人向けの求人が多く掲載されていて、日本語を活用できる仕事も数多く見受けられるようです。

そこで今回は、シンガポールで日本人に人気の職業を紹介していきます。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

専門職だけではない人気の職種

シンガポール移住した日本人に人気の職業をランキング形式にすると、10位に工場の生産・品質管理やバックオフィス業務、法人向け営業スタッフ、9位に金融系企業のセールス・RM・FA、8位にはエンジニアなどのIT企業の専門職が挙げられています。

これらの職種は日本人向けに求人が出ていることが多い点や専門的な知識を活かせる点などが人気を集めている理由として考えられます。

また7位は調理スタッフ・フロアスタッフ・料理長・店舗マネージャーなどの飲食系のスタッフ、6位にメーカーや商社の管理職が入っており、英語スキルが堪能であることが求められている反面、給料や待遇の良さが人気の職種です。

そして5位はマーケティングに関連した職種で、後述するビジネス開発や経営企画に関連する職業とともに高い人気を誇っています。

あとは4位にアナリスト・コンサルタント・会計士・税理士などの専門職、3位にビジネス開発・経営企画、2位にバックオフィス関連、そして1位はセールスエグゼクティブとなっています。

トップ3に入る職業は日本人でも活躍しやすいのはもちろん給料面の待遇も良く、何より日本企業向けの仕事であることから日本での経験が活かしやすくなっているところが影響していると考えられます。
(参考:シンガポールで働きたい方へ!シンガポールの就職・仕事事情まとめ

シンガポールで仕事をする際のポイント

このようにシンガポール移住した日本人から人気の職業でランキングに入るものは、いずれも英語スキルが必須となっています。

これは人気の職業以外も同様ですが、シンガポールで仕事をするためには日本語だけではなく英語が話せることも最低限の条件です。

その上で英語スキルが堪能であれば給料の良い人気の職業に就きやすくなりますし、選べる職業の幅も広がります。

ただシンガポールでの仕事は日本語を必要としないものがほとんどないため、日本人向けの仕事のほとんどは日本語も活用できるところがポイントです。

シンガポールでは専門職だけではなく幅広い仕事が人気を集めている

シンガポールでの日本人向けの求人の多くは日系企業や観光客向けのものであることから、英語スキルと日本語の能力が求められています。

このため専門的なスキルがなくても仕事ができる職業が人気を集めているものの、専門的なスキルや経験を活かしたものは給料が安定していることもあって、多くのシンガポール移住した日本人から支持されています。

この記事を書いた人

20代後半女性。
2006年から2010年までの4年間学生としてシンガポールに留学。
その後海外出張で短期滞在を2度ほど経験。
現在はフリーランスのWEBライター。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は