シンガポールのエステサロンの店長で大変だったこと

シンガポールのエステサロンの店長で大変だったこと

私はシンガポールの日系企業で、日本の化粧品ブランドをシンガポールに広めるためにオープンした、とあるエステサロンを任されていたことがありました。

知らないブランドの化粧品を使うには抵抗があるため、まずはエステでお客さんを呼び込み、顔に高級クリームを浸透させながら、耳元で「このメイド・イン・ジャパンのクリームで、10歳は若返りますよ~」と催眠術をかけるかのように耳元で囁き、化粧品を買わせるという魂胆のもと、エステサロンは華々しくオープンしたのです。

お客さんが喜んでくれたり、慕ってくれるのは嬉しいし、何よりもこの仕事が好きで日本でも長年続けてきたわけですが、自分でお店を経営したこともない私が、いきなりシンガポールでお店を任され、
「あとは全部任せたから繁盛させて、来年には二号店、三号店、ゆくゆくは世界中に支店をオープンさせていく位にしてね~♪」
と、プレッシャーで心臓が握りつぶされそうな事を、軽快な口調で言われてスタートしたのです。

その中で色々と大変なことはありましたが、その中でもトップ2に入る苦労話を書き留めておこうと思います。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

現地のスタッフのプライドがマリーナベイサンズ並みに高い

エステティシャンとして入社したシンガポール人と、オープン前に顔合わせをして研修を受けているとき、

「日系企業はすぐ日本人をマネージャーにしたがるわよねぇ。英語もできないし私よりエステの経験も浅い、シンガポールの顧客志向もしらないニホンジンが、私より高い給料もらいながらシンガポールでマネージメントなんて出来るのかしら?ハハン。」

というニュアンスの事を優しい笑顔で言われ、一瞬で凍り付いたのを覚えています。

言っていることが的を得ているからぐうの音も出ず、ただそこに立ち尽くすのみでした。

予約が入っても、まず来ないと思った方がいい

サロンの地図、間違えて載せてないかな…と、何度確認したことでしょう。

何度確認しても、地図は間違っていません。

でも、なぜ来ないんだ。

初回半額という広告に飛びついて予約を入れてきたお客さんに限って、携帯が壊れたりするだろうか?

電話をかけても全く繋がらないのです。

日本人は約束をきちんと守る人種だから、そのスタンダードをこの国に当てはめてはいけないと、何度も自分に言い聞かせました。

常連のお客さんは、ほとんどが予約時間通りに来てくれて、「すみません、2分遅れます!」という電話をもらった時は、感動して泣きそうになりました。

「新規予約のお客さんが来ない問題」は深刻で、新規予約のだいたい10人中7,8人は2分遅れどころか永遠に来ない、来ても30分~1時間遅れての来店がほとんどでした。

遅れてきた挙句、
「アタシ急いでるから〇時までに終わらせてくれる?」という無茶振りの嵐。

なので、ごくたまに時間通りに来店してくれたお客さんは、泣きながら拍手で出迎えて、このニホンジン大丈夫か?という目で見られる始末でした。

雨にもマケズ、風にもマケズ、細々と営業と続けていたのですが、
あれだけの期待を背負って前途洋々風にオープンしたエステサロンも、数年くすぶり続けた売り上げをよそに、コロナウイルスの影響という最強の言い訳を盾に、
「いや~、コロナさえ無ければ、来年中には国内3店舗、アジアに5店舗はオープンする勢いだったのに、いや~、コロナさえ無ければ…。」
とお客さんに説明しながら、堂々と、自信満々に、潔く、、、

閉店いたしました。

この記事を書いた人

40代後半女性。
シンガポールで2011年から2019年までの8年間、現地の企業で勤務。
主にエステサロン運営やスパでボディマッサージの仕事をしていました。
現在はフリーライターです。
得意なテーマはシンガポール移住の「仕事」や「婚活」に関することです。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は