先を見越して準備。スリランカでの仕事探し

スリランカでの仕事探し

コネ社会のスリランカで仕事を探すために、私ができることには限りがありましたが、チャンスの種をまき、チャンスが来たら逃さないように、次のステップへ向けての準備は進めていました。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。海外の求人数も多く業界No.1で、転職エージェントは無料で利用できます。

リクルートに相談する

どこでもアピール

チャンスの種をまくために、役立ったのが名刺です。

スリランカ人は、人と人を繋ぐのが好きな人が多いように思います。私が紅茶好きだと知ると、紅茶のお店に勤めている知人を紹介する、という具合です。

これは、コネ社会で少しでも人脈を増やしたい私にとっては、ラッキーなことでした。

そして、紅茶のお店で店員の方と話していると、私が外国人であることから、スリランカに来た目的を聞かれ、「スリランカで紅茶の仕事をしたい」という話の流れになることも多かったです。

また、就職活動に協力くださったお二人が、紅茶業界の知り合いと会う際に、私を紹介してくださることもありました。

このような時に、すぐに名刺交換をできるよう、名刺を持ち歩いていました。

ただ、初対面で少し話しただけの人に渡すものなので、警戒心も忘れてはなりません。

名刺には、支障のない範囲で、必要最低限の情報のみを載せていました。(私の場合は、名前、肩書、メールアドレス、ブログアドレスのみ。)

自分のことを知ってもらう、というだけでなく、知らせたくない情報(電話番号など)を聞かれたとしても、名刺を渡せば切り抜けられる、という意味でも名刺は有効でした。

このようにして、人と話す時には、「スリランカで紅茶の仕事をしたい」と伝え、私のことを知ってもらえるようにアピールしていました。

本音では、身の程知らずのことをしている、という気持ちがなくもなく、同じことを日本でできるかと聞かれれば、難しいというのが正直なところです。

ただ、「旅の恥はかき捨て」ではありませんが、思い切ってスリランカまで来たのを無駄にはしたくない、という気持ちが、このような行動に繋がりました。

急に話が動くスリランカ

このようにしてスリランカで過ごすうちに、スリランカのある特徴に気づきました。

それは、一旦話が動き出すと、一気に話が進むということ。

1日どころか半日もあれば、想像の域を超えて物事が大きく変わることが、おおいにあり得ます。

なので、いつ急に面接の話が出るかもわかりません。

日本だと、今日の今日に面接、ということは滅多にありませんが、スリランカでは十分に考えられるのです。

そこで、突然面接の話が出ても対応できるように、履歴書の下準備をしておきました。アピールポイントも、応募職種に合わせられるよう、複数用意しておきました。

また、面接でのやり取りを想定して、受け答えのシミュレーションも念入りにしていました。

私の場合、紅茶の仕事のキャリアが長くもなく、直近の仕事も紅茶に関連しない仕事でしたので、自分の経験を総ざらいして、スリランカでの紅茶の仕事に繋げて、貢献できる点を見つけ出し、どのようにアピールするかを考えました。

もちろん答えを用意するだけでなく、英語で答えるための準備にも時間をかけました。

あと、身だしなみにも気を付けていました。特に平日は、いつ、どんな方と会うことになっても失礼のないよう、スーツとまではいかなくとも、きちんと見える格好を心がけていました。

貴重なチャンスを、自分の準備不足で不意にしてしまうことだけは、絶対に避けたかったのです。

万が一、面接が不合格だった場合でも心残りがないよう、細かいことでも気になることは1つ残らず準備を整えておきました。

海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」がオススメです。

海外の求人数も多く業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用でき相談だけでも大丈夫です。

リクルートに相談する

海外就職・転職で迷っている人は